BLOG

ロンドン自転車屋巡り 2018~2019

2018年と2019年、ブロンプトン世界選手権参戦のためイギリス・ロンドンを訪れた時に、現地のサイクルショップを見て回った。
店舗の様子や取り扱い商品について紹介する。

スポンサーリンク

Brompton Junction London

ブロンプトンの専門店。ブロンプトンの車体と純正アクセサリーのみを取り扱う。ロンドンを訪問したら一度は訪れたい店。
なお、世界中にあるブロンプトンジャンクションのなかで、最初の店舗は日本の神戸店。

1階はショップスペースで、完成車、バッグ、アパレルなどが並んでおり、階段を降りた地下1階は整備スペースになっている。

店を入る前に気づくのが、見覚えある形状のドアハンドルや手すり。
ブロンプトンのフレームを構成するパイプや小物を使って作られている。どの部分が使われているのか考えるのも楽しい。

入り口のドアハンドルも椅子も、ブロンプトン用のパイプで製作されている。

日本のブロンプトンジャンクションが社外のバッグやパーツも扱っているのに比べると、こちらは純正の車体とアクセサリーのみの販売なので、品揃えはやや少なく感じる。
ただ、ここでしか買えない限定グッズもあるので、キーホルダーやショッピングバッグをつい買ってしまう。

こちらは階段の手すり
照明もブロンプトン

Brompton Junction Westfield(閉店)

ロンドンの中心部から少し西に行ったところ、広い幹線道路の脇にある超巨大ショッピングモール「Westfield London」。
400×500mくらいの区画に、400を超えるショップや飲食店が入っている。

ぐるっと周るだけでヘトヘトになるほど広い 超巨大ショッピングモール

その一角にあったのが、Brompton Junction Westfield。
2019年春にオープンした店舗だが、残念ながらコロナ禍で閉店してしまった。

店内には、2019年当時力を入れていた電動アシスト付のE-Bromptonをメインに、これまた発売間もない廉価モデル「B75」や、特別色の店舗限定モデル、1981年製のブロンプトン「Mark1」がディスプレイされていた。

Brompton B75 鮮やかなスカイブルー1色のみの展開。
ローコストモデルであるB75のシフターは懐かしい「ラビットイヤー」タイプ。ブレーキレバーも旧式。
フォークとスイングアームがチタンのスーパーライトモデル S2L-Xが1600ポンド…
店舗限定カラーのブロンプトンS2L
1981年製 ブロンプトン Mk1

Evans Cycles

海外通販を利用する人にとっては馴染み深くもある、イギリスの大型スポーツバイクチェーン店。
ロンドン市内に何店舗もあり、ロードバイクからMTB、フォールディングバイクまで、一通りのスポーツバイクを扱っている。
日本でいうとワイズロードみたいな雰囲気。

入り口を入ってすぐに駐輪場がある。ロンドン、盗難多いからね…
訪問したところは入り口が1階が駐輪スペースで地下に店舗があったが、駐輪場には警備員が常駐していた。

タイヤを突っ込んでロックを掛ける。

店舗は、ワイズ的な雰囲気。ただ、日本の自転車屋と比べるとパーツの品揃えはやや少ない。

ロードバイク、MTB、ハイブリッドバイク、そしてEバイクが揃う。

E-MTB推し
ロードバイクコーナー

アクセサリやウエア類は壁際にぐるっと並べられている。

Cycle Surgery(閉鎖)

こちらもロンドン市内に14店舗を持つチェーン店。こちらもコロナ禍で閉鎖となってしまった。

店舗の様子はEvans Cyclesと大差無かった。

Velolution

一転して、こちらは小さなショップ。競技志向というよりは趣味性の高い自転車、コミューターを中心に扱っている。
ブロンプトンはもちろん、アレックスモールトン、ギヤボックス変速機搭載のマニアックなコミューターバイクなどが並び、見ていて楽しい。

気が狂うほど高価なアレックス・モールトン。モールトン城でハンドメイドされている。
Pinionのギヤボックス変速機を搭載したコミューター

Condor Cycles

10年ほど前「Rapha Condor-Sharp」というコンチネンタルチームがあったが、そのスポンサーがCondor Cycles。
ネット販売もやっているが、ここから個人輸入した人は相当な海外通販オタクだと思う。

中規模ショップといった雰囲気

店舗の規模に対して、用品類の品揃えが良い印象だった。

ショーケースにはEブロンプトン。フロントバッグにバッテリーを積んで前輪を駆動する

アピデュラやオルトリーブといった、日本で見慣れたバッグ類も揃う。なお、価格は日本のほうが安いくらい。イギリスはVAT(付加価値税)が高い。

Apiduraも一通り揃っていた

ラファコンドル・シャープの選手も使った?コンドルのバイクは地下に並ぶ。マスプロメーカーとは一味違うカラーリングが新鮮。

Condorの完成車

Decathlon

最後に紹介するのはデカトロン。大型の総合スポーツショップ。日本でいうとスポーツデポのような感じ…というか、日本にも進出している。

とにかく巨大で、サイクリングに限らず、登山、ランニング、球技、乗馬まで手広く扱い、ショップブランドの製品も多い。

スポーツデポ的な店内
シューズも揃う
オリジナルのウエア、普通に良さそうである
シマノコンポはブリスターパックで陳列されていた
乗馬コーナーは驚いた

タイトルとURLをコピーしました