【レビュー】日本製紙クレシア ワイプオールX70 ~チェーンを拭いても破れない丈夫なペーパーウエス~

整備・メンテナンス時の拭き取り作業に重宝する使い捨ての紙ウエス。厚手かつ丈夫で、チェーンやスプロケットを拭いても破れにくい。

評価 ★★★★☆

購入価格 800円(50枚入)

長所 -Pros-

  • 厚手で吸水性に富む
  • 破れに強く毛羽立ちにくい

短所 -Cons-

  • 1枚あたりのコストがやや高い
  • 大判は半分に裂いてちょうどよいサイズ

整備に便利な使い捨てウエス

自転車の整備・メンテナンス時には、汚れた洗浄時や注油後など、パーツを拭き取る作業が頻繁に発生する。

グリスや砂・泥で汚れたパーツを洗浄して組み付け直す時など、拭き取り作業に使うのがウエス(ボロ布)。
機械整備等ではその名の通り古いシャツ等が使われてきたが、糸くずが出ず、汚れたらどんどん新しいものを出していける使い捨てのペーパーウエス(紙ウエス)が便利。

ウエスはパーツ洗浄に必須

工場でも良く使われているペーパーウエスの定番は、ホームセンターや工具屋さんによく売っているショップタオル。
柔らかい質感で、拭き取りがしやすい。

ただ、自転車整備で最も頻繁に行うと言えるチェーンの清掃と注油では、ショップタオルは少し強度不足。
クランクを回しながらチェーンを拭き取る時、ウエスが破れ、オイルで汚れたウエスの破片がボロボロと落ちる。

僕は、これを知らないうちに踏んづけて家中を歩き回った結果、大変なことになったことがある。

チェーン拭き取りに最適なワイプオールX70

通常の整備ではショップタオルを使っているが、チェーンやスプロケット周りを掃除したり注油する時にはワイプオールX70というペーパーウエスを使用している。

日本製紙クレシアが販売するワイプオールX70は、破れたり毛羽立ちにくいペーパーウエス。

公式ウェブサイトによると以下のような特徴があるという。

  • ドライでもウェットでも幅広く使用可能
  • 水・薬液に濡らした時の風合いは布の感触
  • 優れた吸収性能で、すばやく液体や油を吸収
  • 毛羽立ちにくい万能タイプの不織布ワイパー

実物はやや厚手でしっかりとした質感。
チェーンクリーナーや水で濡れても強度を失いにくいため、チェーンを拭き取っても確かに毛羽立ちにくいし、ボロボロ崩れてこない。

和紙のように繊維が絡み合っていて裂けにくい。

普通のペーパーウエスと比べるとやや割高なので、1枚のX70を半分に裂いて使うようにしている。
このサイズであっても、

パーツクリーナーを染み込ませて軽くチェーンを拭く→チェーンに注油→余分なチェーンオイルを拭き取り

という作業を1枚でこなせる。

ただし、柔らかさ・拭き取りやすさはショップタオルにやや劣るので、強度が必要な作業でなければショップタオルのほうが使いやすい。

なおパッケージは袋入、箱入りなど何種類かある。箱入りのほうが取り出しやすく使いやすいが、ここは整備環境や使用頻度によってお好みで。

まとめ: チェーンメンテナンスの必需品と言ってもいい

僕は自宅でフレームからバイクを組んだり、何ならホイールも組んだりするが、
ワイプオールX70はバイク整備をショップに投げる人にこそおすすめしたい製品。

僕は整備内容にあわせてショップタオルとワイプオールX70を使い分けているが、どちらか片方を選ぶのであればチェーンの掃除をしやすいワイプオールX70を推す。
ショップタオルの良さは、コンポの組付けやベアリングのオーバーホールなど、込み入った重整備で活きてくる印象。

スポーツサイクルに乗るなら、整備をショップ頼みにするといっても、タイヤの空気入れとパンク修理、あとチェーン注油と洗車くらいは自分でやることになるはずだが、こういった作業はなるべく手間を掛けず短時間で済ませたいはず。
なら、手や周囲を汚しやすいチェーンの清掃・注油作業は、ワイプオールX70を使ってサクっと済ませてしまおう。

油で汚れた台所の換気扇を掃除したりするのにも使えるので、家庭用品として家計から支出してしまえば良い。
置いているホームセンターが少ないので、他の日用品と一緒に買いにくいのが難点だが…