【レビュー】airbone(エアボーン) ZT-A15 クイックポンプヘッド ~米式バルブ対応でブロンプトンに最適~

ねじ込み式だが、独自の機構で素早く着脱できるコンパクトなポンプヘッド。仏式・米式バルブに両対応する。

評価 ★★★★☆

購入価格 2000円

長所 -Pros-

  • 保持力が高いねじ込み式ながら脱着しやすい
  • 仏式・米式バルブに両対応
  • 小径車でもスポークに干渉しないコンパクトなヘッド

短所 -Cons-

  • 作業性はヒラメには及ばない
  • 価格とのバランス

米式バルブのブロンプトン用にポンプヘッド購入

ポンプヘッドの定番といえばヒラメのポンプヘッド。作業性と耐久性が抜きん出ており、僕も愛用しているが、仏式バルブ用のヒラメを米式や英式バルブに使いたい場合、内部パーツの交換が必要になる。

ロードバイクもMTBも、最近のスポーツバイクはみんな仏式(フレンチ)バルブだが、折りたたみ自転車のブロンプトンは米式(アメリカン)バルブを使用している。
そのため、玄関に置いているフロアポンプでは、ヒラメではなくポンプに付属する米仏両対応のヘッドを使用していた。

ブロンプトンは米式バルブ 小径ホイールでスペースに余裕がない

付属のヘッドの品質はそこまで悪いわけではないが、ヒラメと比べるとレバー操作は硬いし、バルブ保持力もイマイチで使いにくい。
また、ポンプヘッドの大きさも気になる。特にブロンプトンは16インチの小径ホイールなので、ラジアル組の前輪はバルブ周りのスペースに余裕がない

玄関ポンプは使用頻度も高いので、もうちょっとマシなポンプヘッドを使いたい。
ということで、以下の3点を満足させるポンプヘッドを探し、airbone ZT-A15を購入した。

  • 仏式・米式バルブ両方に、パーツ組み換え無しで対応
  • ロードバイクの高圧にも耐える十分な保持力
  • ヘッドがコンパクト

エアボーン ZT-A15 クイックポンプヘッド

airbone:エアボーン

airbone社は、台湾の携帯ポンプブランド。
ラインナップは小型のポンプが中心。長さ100mmを切る、超小型のスーパーミニポンプを知っている人はいるかもしれない。
サドルバッグに余裕で収まるサイズなので、緊急用ポンプとして何度もお世話になった。

側面にはダクトテープを巻いており、パーツの応急修理から止血まで割となんにでも使う

ZT-A15 ねじ込み式のポンプヘッド

ZT-A15は、バルブのネジ山に締め込んで使う、コンパクトなポンプヘッド。

ねじ込み式ヘッドの特徴は、保持力が高く、空気入れ中に外れたりエア漏れしにくいこと。また、ヘッド自体がコンパクトになるという利点もある。
一方で、取り付け、取り外しの手間がかかることや、フレンチバルブの場合、バルブコアごと緩めてしまうリスクがあるという欠点があった。

airboneのZT-A15は独自の構造を採用することで、上記の欠点を解消している。

シンプルでわかりやすい説明書が付属

ポンプへの取り付け方法

まずは取り付け。手持ちのフロアポンプのヘッドを取り除き、ZT-A15を固定する。

プラスチック用のニッパーで切り落とした

ポンプヘッドを外すには分解しても良いが、ニッパーやカッターで切断するのが手っ取り早い。
分解して外した場合も、ホース端面付近は変形しているので切り落とそう。

2種類のホース径に対応する固定ナットが付属

ホースとポンプヘッドを締め付けて固定するナットは、ホース径にあわせて2種類付属している。φ8.5mmの場合は黒φ10mmなら灰色のナットをホースに差し込み、その後ポンプヘッドを挿入する。ナットをしっかり締めたら取り付け完了。

今回はφ10mmホースだったので灰色のナットを使用

ポンプ付属のヘッドと比べてみると、かなりコンパクトになった。

Fabricのポンプもヘッドが小さい部類だが、airboneと比べると明らかにサイズが違う

ZT-A15の使い方

動画解説

仏式・米式バルブの切り替え方法

青いスリーブをひねることで、ワンタッチで仏式・米式の切り替えができる。

  • P:仏式(フレンチ/プレスタ)
  • S:米式(アメリカン/シュレーダー)
バルブの切り替え

ポンプヘッドの固定方法

ZT-A15は青いスリーブがスライドする構造になっていて、従来のねじ込みヘッドに比べて素早く脱着できるようになっている。

青いスリーブをスライドさせると、ヘッド内部にネジ山が飛び出し、バルブのネジと噛み合う仕組み。
なお、バルブ先端のネジに噛むので、バルブステムにねじ切りされていないチューブにも使用できる。

空気を入れる際は、ポンプヘッドをバルブに押し込んで、青いスリーブをスライドさせてネジ山をロックした後、ヘッドをねじ込んで固定する。

エアリリースボタン

銀色のエアリリースボタンを押すことでエアを抜き、空気圧を調整することができる。

ロックを解除して引き抜く

空気を入れ終わったら、青いスリーブをスライドさせるとネジ山が引っ込み、ワンタッチでポンプヘッドを引き抜ける。

通常のねじ込み式ポンプヘッドに比べると一瞬だし、バルブコアごと緩んでしまう心配もない。

まとめ: コンパクトで米仏対応なポンプヘッド

使いやすさでいうとヒラメには及ばないが、コンパクトで、仏式・米式バルブ両方に対応するというメリットを持つポンプヘッド。

価格は2000円ほどで、わざわざ買ってポンプ付属のヘッドを交換するほどのものか、と言われると少し判断に悩むところではあるけど、品質は良くスリーブの操作には節度感がある。
僕のように、米仏バルブが混在している環境ではそれなりに便利に使えると思う。

ポンプヘッドが非常にコンパクトという点もメリットのひとつ。
特に、ホイール径16インチのブロンプトンや、それを下回る小径ホイールでは、スポークと干渉してポンプヘッドが入らないケースがあるので、小径車を所有している人は空気入れの煩わしさが解消されるはず。

ヘッドが小さいため、バルブ周りが窮屈なブロンプトンでも余裕のクリアランス