AC

スポンサーリンク
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト EPOC(52min 58TSS)~レストが本番 酸素負債の返済が目的の無酸素インターバル~

高強度な無酸素インターバルとレストを繰り返すことで、運動後に体が通常より多くの酸素を消費し続ける運動後過剰酸素消費(EPOC)を促すメニュー。激しい運動直後は、乳酸の除去や体の回復プロセスのため酸素摂...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト HIT 45sec #2(60min 86TSS)~使い切った脚で踏む 乳酸耐性トレーニング~

メインセット前半が無酸素インターバル、後半がFTPよりわずかに低いLT走で構成されたメニュー。高強度のインターバルで無酸素系を酷使し、筋肉中のグリコーゲンを枯渇させてからFTP付近でペダリングを行うこ...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 1.ANAEROBIC(60min 78TSS) ~MTBやシクロクロスを想定した 低ケイデンス・高トルクの無酸素インターバル~

低ケイデンス高出力のエフォートを再現した無酸素インターバルメニュー。MTBのシングルトラック急登やシクロクロスの泥・砂セクションではこういうペダリングが要求される。4分間のLT走で身体に負荷をかけた直...
スポンサーリンク
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト HILL ATTACKS(61min 80TSS) ~時間長め・ケイデンス低めの 高負荷無酸素インターバル~

ヒルクライム中のアタックを想定したメニュー。内容としては無酸素インターバルで、90rpmのケイデンス指定がある。1分の間、高トルクで高出力を保つペダリングスキル、2分のレストで脚を回復させる能力など、...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 7.MICRO-VO2(60min 71TSS) ~VO2MAX向上が狙いのマイクロインターバル~

30秒-15秒のマイクロインターバルワークアウト。無酸素運動域のダッシュとごく短いレストで構成され、心拍数を高いレベルに保つことでVO2MAX(最大酸素摂取量)を向上させる、すなわち有酸素運動能力を引...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 2.MICRO INTO THRESHOLD(57min 67TSS) ~マイクロインターバルとLT走を組み合わせたMTBライディング向けメニュー~

MTBライディングにおける、頻繁なON-OFFと登り区間での継続的なパワー維持を想定したメニュー。マイクロインターバルで疲労した脚で、乳酸除去しつつ高負荷のLT走を行うことで、ギリギリのパワー管理を実...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト SEATED BIG GEAR SPRINTS(55min 56TSS) ~トレーニング目的とワークアウト内容がちぐはぐな駄目ニュー~

低速・低ケイデンスから、ギヤチェンジすることなくシッティングで加速する状況を再現したメニュー…なのだが、想定するシチュエーションとワークアウトの内容が噛み合っていない。時間の無駄なので他のワークアウト...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト INEOS GRENADIERS:ALL ROUNDER(46min 49TSS)

オールラウンダー向けのトレーニングメニュー。低強度のL2走に始まり、VO2MAXインターバル、そして無酸素インターバルを順に行っていく。全体的にイージーで、ブロック間のレストも十分に確保されているため...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 1.MAX O’CLOCK(51min 51TSS) ~MTBやシクロクロスに 激坂や泥を突破するためのダッシュドリル~

短く高強度な無酸素ダッシュにフォーカスしたメニュー。MTBやシクロクロスといったオフロードレースでありがちな、短い激坂、泥、根っこといった難所を突破する瞬発力を養う。 Dirt Destroyer >...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト THEW(60min 81TSS) ~意外とこなせるVO2MAX~無酸素インターバル~

VO2MAX域から無酸素運動域にかけての高負荷をターゲットとしたメニュー。過酷なワークアウトにも見えるが、レストが十分確保されているため、高強度の走り方に慣れた人なら最後まで耐えきれるはず。 Buil...
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました