スポンサーリンク
BLOG

Tour de Zwift 2021 ステージ6(A) Rolling Hills

TdZ 第6ステージは、平地ベースでアップダウンが含まれるコースが揃っている。
上りのペースアップに遅れると集団からちぎれてしまうので注意。

スポンサーリンク

ステージ6:Rolling Hills…1月29日 17時 ~ 2月3日 17時

Tour de Zwiftのページでは「低くなだらかな丘陵が続きます」と書いてある第6ステージ。
「スムーズなライドを約束します」というのは大嘘。L5~L6インターバルの応酬が予想される。ピークで遅れたら集団には二度と追いつけない。

扇風機フル回転でクーラー全開、水と補給食とゲロ袋を用意して臨みたい。

グループコース周回数距離
△獲得標高
A(長距離)Innsbruck
Innsbruckring
435.4km
△308.8m
B(標準)
D(女子)
Watopia
Flat Route
330.9km
△184m
C,E(短距離)France
R.G.V.
124.9km
△133.3m

グループA Innsbruck Innsbruckring

2月1日(月)18時のグループライドに参加。
グループAのコースは、2018年のロードレース世界選手権が行われたインスブルック。1周8.8kmのコースを4周回する。
全体的に平坦な区間が続くが、1箇所急な上りがあり、集団をふるいにかけるペースアップがかかる。

https://zwifthub.com/

人が少ない時間帯で、人数は230人ほど。
毎回のことだが、中切れに巻き込まれないよう、早めに先頭に移動しておく。

問題の上り区間は、勾配が急になってから50秒ほどでピークに至る。本気アタックではないものの、1周目からそこそこペースが上がり、踏めないプレイヤーがふるい落とされる。
下りは58km/hを超えたタイミングでペダリングを止めれば、エアロフォームで下って前についていける。数秒であっても、ここで休めるのは大きい。
ただし、勾配が緩むタイミングで早めに踏み直さないと置いてかれる。

予想通りここが難所で、1周目を下り終わった時には先頭は8人、2周目では5人に絞られた。
この5人でゴール前まで先頭を走ることになる。

ファイナルラップでも動きはなく、5人でゴール前へ。
最近はゴールスプリントが早すぎて失敗していたので、残り600mを切ったタイミングで仕掛ける。

3周目くらいで出て大事に取っておいたエアロブーストを使いつつ30秒フルもがき。ラストちょっと垂れたけど先頭でゴール。

タイトルとURLをコピーしました