レースレポート

10/14 中国CX第1戦 広島中央森林公園 JCX

今年もいよいよシクロクロスシーズンイン。
初戦は昨年と同じく広島のJCX。
昨年とは違い天気は快晴だったが、シクロクロスの走り方やボコボコの路面に対応できず、不満の残る8位だった。


10/14 中国CX第1戦 広島中央森林公園 JCX
8位/48名(9周回 +3:24 順位16% フルラップ完走14名)
リザルト
Shin 服部製作所 スチールCX SUKUMIZU MACHINE WORKS 「鉄号」
前輪: TNI CX22 / CHALLENGE CHICANE / 1.9bar
後輪: PAX CT38W / TUFO PRIMUS 33 SG / 1.8bar


今シーズンは鉄号のフレームを再塗装、プラ号もコンポを油圧Di2化してリフレッシュ。
ブレーキと変速系が2台揃ったことで、レース中のバイクチェンジでも違和感が少なくなるはず。
1030211.jpg
土曜日に現地入り。前日試走は夕方なので、遅めに出発して十分間に合った。
天気は良く過ごしやすい気温。
コースは、イノシシが掘り返した路面の凹凸が酷く、バイクが跳ねてまともに進まない。
ブラケットの角度とサドル高を調整して対処。
スピードは乗らないし、キャンバー区間やシングルトラックの上り下りを優先したタイヤチョイスにした。
P1030722.jpg


4番ゼッケンでスタートは1列目。スタートダッシュでやや遅れをとったものの、5番手くらいに落ち着く。
しかし、凸凹の路面にうまく対処できずバイクが進まない。
追い抜かれてもついていけず、じわじわとポジションを下げるだけ。
レース中盤になってようやく、踏める場所ではギヤを掛けられるようになってきたが、それでもペース維持が精一杯。
全くいいところなく、8位でフィニッシュ。
P1030461.jpg


脚よりも腕に来るレースだった。さらに、手のひらには水ぶくれが。
レバーブラケットとハンドルの段差をなくすために、バーテープの切れ端を巻き込んでいるんだけど、その具合が悪かったのかな。
まぁ、JCXポイントを稼ぐ目的は達したから良しとしようか。
撮影・応援・サポートしていただいた皆様、ありがとうございました。
来週はまた遠征して富士山JCXに出場します。

タイトルとURLをコピーしました