レースレポート

10/6 五條吉野川シクロクロス

今年もついにやってきたシクロクロスシーズン。
初戦は肩慣らしということで、五條で開催されたレースに参戦。
河川敷のフラットな高速コースだったが、練習不足を痛感した。


10/6 五條吉野川シクロクロス
2位/11名(8周回 +0:57)
リザルト
PAX PROJECT CX-DISC SUKUMIZU MACHINE WORKS 「プラ号」
前輪: Prime RP-38 / TUFO PRIMUS 33 SG / 1.8bar
後輪: PAX CT38W / TUFO PRIMUS 33 SG / 1.8bar


会場までは自宅から1時間少々。昼試走もあるのでゆっくり会場に向かっても良かったが、関西CXシリーズ戦が始まる前にレースの感覚を取り戻すという意味合いでエントリーしたので、朝試走に間に合うよう会場入り。
試走でバイクの調子やコースのラインどりを一通りチェックして、午前中はのんびり過ごす。
天気は晴れ。この時期にしては少し暑いけど1時間なら水なしでもなんとかいけそう。
昼試走直前に通り雨があったが、路面コンディションに影響を与えるほどではなかった。


C1は11人の出走。村田さんとどこまでやりあえるか、というところが気になる。
序盤は数名パックだったが、3周ほどで村田さんとパックに。ただ、オープン参加の竹之内悠が迫ってくる。
開始30分ほどのタイミングで悠に追い抜かれたあと、追う村田さんに追随できずちぎれる形に。ここからはひたすら単独走。
開いた差を詰めるどころかじわじわ離されて、最終的に1分近いギャップでフィニッシュ。


試しにレースを走ってみて、真面目に準備しないとやばいぞ?って決意を新たにするのが目的のレースだったが、結果的に大いに目標を達成した形になってしまった。
短時間のインターバルに対応できなかったし、ベースもできてない。
シクロクロスシーズンは長いので今ピークである必要はないけど、幸先が悪いとそれはそれで落ち込むので、本格的に準備を始めなければ…
次戦、関西CX紀の川で本格的にシーズンインです。今年もよろしくおねがいします。

タイトルとURLをコピーしました