スポンサーリンク
レースレポート

11/18 野辺山CX Day2

野辺山2日目。
コースは一部に小変更が加えられたが、コンディションは昨日と同じドライ。
ゼッケン番号を見ると、初日よりもレベルの高い選手層の様子。
レース後半のパワーの落ち込みや転倒で順位を落とし32位フィニッシュだったが、それでも2日連続で完走を果たした。


11/18 野辺山CX Day2
32位/100名(8周回 +5:51 順位32% フルラップ完走41名)
リザルト
PAX PROJECT CX-DISC SUKUMIZU MACHINE WORKS 「プラ号」
前輪: Prime RP-38 / CHALLENGE GRIFO / 1.9bar
後輪: Prime RP-38 / TUFO PRIMUS 32 / 1.8bar


昨日のレース後に入念なリカバリをしたおかげで、フレッシュとはいえないまでも足の疲労感はだいぶマシ。
朝は寒いのでゆっくり目に会場入りし、午前中は会場をぶらぶら見て楽しむ。
気持ちも上向きだし、天気もいいし、十分リラックスできている。


UCI Class1となった今日のレースは昨日より参加人数が多く、ゼッケンは41番で、5列目スタート。
1列後ろになるとだいぶ不利なんだけど、序盤の混乱をなんとか乗り切って、25番手付近で走る。
レース前半はかなり良いタイムで周回していたが、これ以上の順位は実力的に厳しいという実感もあった。
46753896_1915950328490453_3417302492977823744_o.jpg
Photo 井上 和隆
舗装路の上りでパワー負けしていて、じわじわ順位を落とす。
しかし、ここで無理に踏んでも脚が売り切れるだけなので、我慢。
終盤、ピット前で前輪のグリップが抜けて転倒。怪我はなかったがチェーン落ちでタイムロス。
リズムも崩れさらに順位を落としたものの、なんとか32位でフルラップ完走。


レース内容も結果も初日のほうが良かったものの、それでも(コースコンディションのおかげとはいえ)2日連続でUCIレースを完走できたのは自信になった。
JCXポイントも完走ポイントをしっかり稼いで、JCFランキングは27位。
スタート4列目確定、エントリー人数によっては3列目もありうる位置で、レース序盤をだいぶ有利に進められそう。
応援・撮影・サポートありがとうございました。
ところで、UCI Class1となった野辺山Day2の優勝者は前田公平。
最終周回、ピット前を走っているとゴールスプリントで捲ったという実況が。沸き立つピット。
すごい瞬間に立ち会えた。こーへー、おめでとう。
野辺山2連戦を終え、少し体を休めつつ来週はマキノJCX、くろんどCX、そして12/9の全日本選手権でシーズン前半の締めくくりです。

タイトルとURLをコピーしました