10/26 関西CX第1戦 マイアミ

10月26日、シクロクロスシーズンイン。関西CX開幕戦は琵琶湖マイアミ浜。
最も苦手とするコースであるマイアミの砂。
前日のアワイチで疲労がかなり溜まってるし、調子を見ながら走ればいいかな…と消極的だったが…


10/26 関西CXマイアミ C1
12位/37名(+5:17 順位30%)
Lynskey CooperCX
前輪: 38mm Carbon TU / Schwalbe Summy Slick / 1.7bar
後輪: 38mm Carbon TU / Schwalbe Summy Slick / 1.8bar


昨シーズンの結果がそこそこ良かったので、なんと1列目スタート。
号砲とともに飛び出し、横並びで1コーナーへ。砂浜区間の出口ではなんと4位。どうしちゃったんだ。
141026-1.jpg
順位が落ち着いてからは7位前後のパックで走ってたものの、後輪パンクで後退。砂の中に埋まっていた石が原因か?
好調の時のトラブル、集中力を失って破綻しがちだが、なんとか持ちこたえ、砂区間をランニングしてピットイン。
ヤブさんのバイク借りて1周、その後スペアホイールを借りた自分のバイクに乗り換え、巻き返しを図る。
141026-2.jpg
最終周回はデイブと一騎討ち。今年のデイブは速いが、コーナーの立ち上がりでじわじわ離して12位でフィニッシュ。


実は試走ではリヤ1.7barだったが、松林区間のコーナリングでズルズル滑ったので、レース直前にセッティング変更。1.8barに。
この判断は正解。タイヤの空気圧は下げれば良いというものでは無い。
高すぎると跳ねてグリップしないが、一方低すぎてもタイヤがヨレてトラクションをかけられない。
また、闇雲に低い空気圧はリム打ちやタイヤ剥がれのリスクも高める。
なお、他人の言う空気圧はアテにならない。市販のエアゲージは校正なんてロクにされてないし、人によってパワーも体重も走り方もタイヤも違う。
一桁逃したのが悔しいけど、最後まで集中力を切らさず走れたし、苦手なコースとトラブルを考えれば満足な内容だった。
応援と撮影とピットワークに協力してくれた皆様、ありがとうございました。
来週は東海クロスに参戦します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です