左右パワーバランスの筋萎縮による影響

金曜日に追い込んだので、土曜日は流しつつお買い物に…と思ったけど、やっぱりそれなりのペースで飛ばす。
脚が治ってからはシクロクロスしか乗ってなかったけど、今日はまる1ヶ月ぶりにロード。
パイオニアのペダリングモニタ(SGY-PM910H)で、右脚がどれほど弱っているか調べるのが目的。
怪我の前後で、同じような道路状況で走ったログを比較。
どちらも、高速道路の高架下を走る2~3車線で平坦、交通量の多いバイパス的な道。
骨折前 (2014年11月19日)
pdm141119.png
骨折後 (2015年1月24日)
pdm150124.png
左右の踏み込みバランスを全く意識せずにペダリングしているのに、これほど左右差が出ている。
普段の左右バランスは、L:R=50:50~多くとも52:48くらいだったが、今は左右バランスは57:43。明らかに踏めてない。
200Wちょっとを狙っているが、筋萎縮の影響で右足の踏み込みが弱くなっていて、出力を保つために無意識に左足が頑張ってる。結果として左右のパワーバランスが悪くなっている。
しかし、典型的な踏み込むペダリングで、左右とも下死点では無駄に踏みつけてるし8時~11時ではロスしている。
夏場は意識してペダリング効率60%を超えてたけど、シクロクロスシーズンに入ると瞬間的なトルク重視のペダリングに戻っちゃった。
とりあえず、現状はこんな様子。
関節の動きはだいぶ良くなってきてるので、調子を見ながらぼちぼち強度を上げていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

自転車再開