スポンサーリンク
レースレポート

5/5 CJ-1朽木

元号が変わって今年もMTBシーズンイン。
4月からは少しずつMTBに乗るようにしていたが、追い込んで練習していないので、どこまで踏めるか未知数。
朽木の長い上りにげんなりしつつ後方スタートで臨んだレースは思いの外走れて、完走まであと一歩の18位フィニッシュ。


5/5 Coupe de Japon CJ-1朽木 エリート
18位/46名(7周回 -1Lap フルラップ完走17名)
リザルト
Specialized S-WORKS EPIC 29 World Cup
前輪: Crossmax SL Pro / Schwalbe Racing Ralph 29×2.1 / 1.6bar
後輪: Crossmax SL Pro / MAXXIS ASPEN 29×2.1 / 1.6bar
Fサス: SID WC Brain 95mm / 85psi / ブレイン 1段戻し / リバウンド 20段戻し
Rサス: FOX remote Mini Brain / 165psi / ブレイン 1段戻し / リバウンド 4段戻し


CXシーズン後半をオーバーワーク気味で終え、3月は惰性で練習していたものの、4月からは休養を入れつつMTBにシフト。
ゴールデンウィーク中もトレイルに何度か行って、感覚を取り戻してレースに臨む。
会場には当日朝入り。朽木は今年も晴れ。2周試走したが、ドライ向けのタイヤで行けそう。


熊本でポイントを取った選手からコールされるので、グリッドは後ろから2~3列目。
スタート後、ゲレンデの上りで20番手以内に上がり、まずまずのポジションで下り区間に突入。
朽木の下りはスピードの乗る区間もあり、転ぶとダメージが大きいので基本的に安全第一で。
ドロッパーを下げて腕の無さを少しでもカバー。
59229914_2004735156305537_7370498217370189824_n.jpg
Photo 巨匠
レースは7周回。レース中盤は2~3人で絡みつつ走行。5周くらいで足切りかな?と思っていたが、6周目に突入してしまう。
ややペースダウンし、前も後ろも離れて単独走状態。さすがにもう1周は無理…と思っていたところ、-1Lapで足切り。18位フィニッシュ。


初戦で不調だと一気に不安になるものだが、そういう意味では体感的にもリザルトでも良い走りができて、今シーズンのCJに弾みがついた。
晴れて暑い日だったが、こまめな掛水と補給でオーバーヒートせずに走れたのも良かったと思う。
59682613_2612858188940922_1924454143871680512_o.jpg
Photo 伊東さん
次戦はCJ八幡浜に参戦予定です。
撮影・応援・サポートありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました