スポンサーリンク
レースレポート

9/3 第1回日本グラベル選手権 in テクニックステージタカタ

クルマのダートトライアル専用サーキットで行われた「グラベル選手権」
ME(男子エリート)カテゴリは2.9km グラベル率はほぼ100%のコースを25周。夏の日差しの中、70km以上に及ぶ過酷なレースを走りきり、初代グラベル王となった。

9/3 第1回日本グラベル選手権 in テクニックステージタカタ ME

コースコンディション:ドライ

リザルト:1位/6名(25周回 2時間36分51秒)

機材

Cannondale TopStone Carbon 1 Lefty

  • 前輪: Hollowgram G27 / Panaracer Gravelking SK 38c / 2.3bar
  • 後輪: Hollowgram G27 / Panaracer Gravelking SS 38c / 2.3bar

※空気圧はPanaracer デュアルヘッド デジタルゲージ基準

スポンサーリンク

動画

すくみずログ YouTubeチャンネルでレース動画を公開中

日本グラベル選手権

新しい自転車の楽しみ方として定着しつつあるグラベルライド。
チャンピオンスポーツとしてのグラベルレース人気も世界的に高まっており、2022年はUCIグラベル世界選手権も開催された。

そんな中「第1回日本グラベル選手権」が開催されるという情報が。

「日本~」とついてるのでJCFレース?と思ったが、どうやら草レースのようだ。

会場はクルマのダートトライアル専用コース「テクニックステージタカタ」
整備された砂利の路面で、適度なアップダウン。まさにグラベルレースにうってつけの会場だ。

「走る」楽しさの提供

全国的に「ダートコースの名所」と言われる、テクニックステージタカタ。その所以は「完全な砂利のコース」であること、そして「徹底されたコース整備」にあります。砂利を踏み固めて作られているコースはタイヤのグリップがよく、ドリフトや高速走行でのコーナリングが楽しめます。コースには、適度なアップダウンもあって、やみつきになること間違いなし!利用者の安全と楽しさを願って行われている徹底した日々のコース整備のおかげで、安心して走行することができます。「TESTA」は安全に、そして楽しく「走る」ステージを提供し続けています。

テクニックステージタカタ

開催日程は9月の第1週。ニセコグラベルの3週間前だ。
他にレースもない時期なので出場を決めた。もちろん狙うのは初代チャンピオンだ。

聖地三次市の観光を敢行

会場のテクニックステージタカタは広島県の内陸部にあり、大阪からはクルマで4時間ほどかかる。
せっかくの遠出なので、前日早めに広島県へ向かい、宿を取った三次市を観光することにした。

マツダ三次試験場

まず三次といえば、マツダ三次試験場。
開設された1960年代は東洋一と言われたテストコースで、当時マツダが注力していたロータリーエンジン車の開発に大きく貢献したという。

コスモスポーツに始まり、RX-7、そしてロードスターと、マツダのスポーツカーには縁深い三次試験場。内部は当然関係者しか入れないので、正門前にロードスターを停めて、コソコソと写真撮影。

朝霧の巫女

こちらが本命。三次市は、2000年頃から連載されていた漫画「朝霧の巫女」の舞台なのだ。同市に伝わる「稲生物怪録」をモデルにしている。
不人気なNBロードスターが登場する数少ない作品でもある。

連載当時はNBが最新モデルだったと思うと胸が熱くなるな…

内容は割とハードな伝奇もので、巫女さんが出てくる緩いバトルものかと思って手に取った僕(当時高校生)は打ちのめされた。
刊行ペースが遅いこともあり、5巻くらいまで読んでフェードアウトしていたのだが、2013年に完結していたっぽい。

レース遠征に先立ってアニメ版(こっちは緩いバトルもの)は全話見直したが、全巻セットで揃えた原作漫画は読破が間に合わなかったよ…

レース前週の睡眠時間をだいぶ奪われた

ということで、土曜日は予め作った巡礼マップを見ながら自転車でウロウロ。改装や取り壊しでなくなってしまった場所も多かったが、太歳神社(ださいじんじゃ)は作中のままの姿だった。

なんか顔ハメパネルまで設置されている…不気味だ。

なぜ等身大ポップにしなかった

しっかりとコラボお守りを購入したのであった。ざっくりと厄除けが見込めるらしい。

野菜無人販売所スタイルで売られてたお守り(500円/個)

その他、路地とかスーパーとかバス停の画像をいっぱい撮ったけど割愛。

1枚だけ、翌朝早朝に撮った写真を貼っておく。NBロードスターで来れて満足した。

その他の見どころ

三次市はコンパクトな街で、自転車(スポーツサイクルではなくママチャリ)でも十分に巡ることができる。3つの川が合流するポイントで、川沿いを自転車移動しやすいのも良い。

三次本通り

時間に余裕があったので、数年前に廃線となったJR三江線の遺構を訪ねたり、広島風お好み焼きを食べたり。

旧JR三江線 尾関山駅
お好み焼き ごんべ ごんべスペシャル(1100円)

食後はちょっと遠回りして鵜飼を見物。ウカイだけに

山に囲まれた三次市は朝霧も有名らしい。

レース当日朝、外を見ると霧がかかっていたので、これはいけるかも…と、高谷山の「霧の海展望台」へ。
ハイシーズンの10~3月でも打率5割程度らしいが、この日は幸運なことに、眼下に広がる霧の海と朝日を見ることができた。

三次市、ちょっとレトロな町並みで、コンパクトで、人も少なくて妙に居心地が良かった。また来たい

フルサスグラベルバイクを投入

さて、レースの話に戻る。

レースは13時からだが、朝しか試走時間が無いため、朝7時頃に会場へ。
三次市内からテクニックステージタカタまでは20~30分といったところだった。なお道中は信号も少なく、きわめて快適。

霧がかかり、若干ウエットなコンディションで試走を済ませる。硬く締まった土に細かい砂利が敷かれた路面で、転がりは良い。

今回のレースは、フルサスペンションのグラベルバイク「Cannondale TopStone Carbon 1 Lefty」で参戦する。借り物の試乗車だ。

最大の特徴は30mmストロークの片持ちサスペンションフォーク「Lefty Oliver」
グラベル専用のチューニングが施されたこのフォークは、平地ではリジッドフォークとして振る舞いペダリングロスを生まず大きな荷重が加わったときだけストロークして衝撃を吸収する。
また、リヤにもフレーム自体をサスペンションとして機能させる「Kingpinサスペンション」が搭載されている。

このバイクの本来の用途は、トレイルライドに近いハードコアなグラベルライド。レースならもっと軽量なグラベルレーサーを選択するのが定石だろう。
まぁぶっちゃけ、レースには不利な機材だな?と思った。

ただ、レース前に400kmくらい乗り込んでみて、長丁場のレースではバイクコントロールミスを吸収したり、疲労を軽減したり、意外と有利かもしれないと考え直した。

レースのため、一部パーツを交換している。まずはステム。90mm→110mmに伸ばし、ハンドルの高さも限界まで低くセットした。

タイヤも、グラベルレース向けに前後異なる銘柄を選択。
グリップが重要なフロントは、グラベルキングSK 38c。リヤは転がりを重視して、グラベルキングSSの38cを履かせた。空気圧は2.3barにセット。

それにしても、朝からレーススケジュールが遅れっぱなしだ。見込みより周回に時間がかかっており、なかなか選手が帰ってこないらしい。
この調子なら1時間くらいは押しそうだし、日差しも強くなり暑くなってきたので、いったん会場を離脱。
クルマで5分ほどの場所にあるスーパーで涼みつつ、昼食を食べたり買い出ししたり、できる限り体力を温存した。

レースレポート

14時頃。気温35度の中、定刻を1時間ほど過ぎてようやくスタート。出走した6名のうち、2名が飛び出した。
しかし、ここは落ち着いてステイ。自分のペースを守る。

シクロクロスならともかく、今回のレースは2.9km×25周回で、2時間半~3時間の長丁場。
しかも、スタートが遅れたことで今は最も暑い時間帯だ。
一度深部体温が上がってオーバーヒートするとパワーは1~2割低下するし、運動中に冷やす方法は無い。
耐久レースで重要なのはペース維持だ。序盤は抑えすぎくらいでちょうど良い。序盤のラップタイムは6分ほどだ。

先頭の松原選手は独走体制。私は2~3番手で、黒田選手と何度か順位を入れ替えつつ走行。しかし決して競り合わない。あくまでもマイペースを守る。
4周目のコントロールライン手前、激坂区間で前に出てそのまま振り切った。

単独走になってからは淡々と走っていると、いつのまにか全体1位になっていた。
どうやら、スタートで飛び出した松原選手は10周回でレースを降りたようだ。

しかしまだまだ先は長い。平坦区間はL3ゾーンで省エネ走行。登り返しや急坂といった、タイム短縮に効果的なポイントでのみペダルに力を込める。

補給も意識的に。こまめに水分をとりつつ、30分毎に補給食を食べる。今回は、アミノバイタルゼリーと練り羊羹を交互に食べた。

16周目にボトル交換。ピットエリアで素早く降車し、予め用意しておいたボトルと入れ替える。数秒のロスで復帰した。ちなみに中身はアクエリと大量の氷。

ただ、予想よりも暑く水分の消費が激しい。19~20周目、こりゃボトル足りないな…タイムロスになるけどペットボトルから汲むか…と思っていると、ちょうどピット付近で撮影されている方が。
咄嗟にボトルを投げて「アクエリ入れてください!」とお願いした。
後でわかったが、突然の要求に応えてくれた親切な方はTeam Vassago Japan時代のチームメイト。さらに偶然なことに、投げたのはVassagoボトルだった。

すべての選手をラップし、盤石の体制を築いてレースは終盤へ。
腰の痛みが出てきたが、パワーマネージメントとバイクコントロールはしっかりできている。
むしろ、周回を重ねるごとにどんどん走りが洗練されていく。

とはいえダメージの蓄積は確実にあった。残り2周に入った直後、両脚が悲鳴を上げた。そこらじゅうの筋肉が同時に攣って激痛に悶えるが、無理やりペダルを回しながら散らす。
1周かけてなんとかコンディションを戻し、ファイナルラップへ。

最後の激坂をよじ登って先頭でフィニッシュ。走行タイムは2時間36分51秒。平均時速は28km/hだった。

レースを振り返って

一言でいうと平坦なSDA王滝。ひたすら自分との戦い。
完走することに価値を見いだせるレースだったと思う。

ペース配分は非常に良かった。スタート直後に飛ばさなかったのは英断だ。
長時間維持できるパワーで踏みつつ、補給も欠かさない。耐久レースらしい走り方ができたと思う。
まぁ、ラスト2周で足を攣ってしまったが…

苦しみからの解放感を噛みしめる

過酷なレースを通じて、機材面でも気づきがあった。

当初「グラベルレースには不向き」と思っていたサスペンションには大いに助けられた。

下りやコーナー区間ではバイクを安定させたり、上りでトラクションが掛かるのはもちろん、大きな衝撃を吸収することで身体へのダメージを緩和できた。
特に疲労が蓄積するレース終盤では、サスペンションの恩恵が大きかったと思う。

特に、グラベル専用のLefty Oliverはペダリングロスを生みにくい。数100gの重量増は確かに無視できないが、長丁場の耐久レースではメリットが上回る。
なんだかんだ、乗りやすいバイクは速い

レース運営上の問題点について

今回、イベントを主催したもみじシクロクロスに対して、レース運営上で思うところがあった。
当日に口頭でフィードバックしたが、選手側の意識も大切だと思うので、改めてここに書いておくことにする。

レーススケジュール遅延

まずはスケジュールの遅れ。周回タイムの見込みが甘く、第1レースから予定をオーバー。次々にレーススタートが遅れていった。
これは初開催のグラベルレースなので仕方ないことだと思う。

ただ、その対応は良くなかった。

スケジュールが遅れている旨は何度も放送されていたが、具体的に「何分遅れていて、何時にスタートするか」という情報がなかった。そして突然「今のカテゴリがゴール後すぐに次のレースを始めます」という放送。
運営側はスタート時刻に号砲を鳴らすだけだが、選手はスタート時間を逆算してボトルや補給食を準備したり、ウォーミングアップを行う

レース運営の経験が無いと気づきにくい部分だが、選手側の事情を理解して運営にあたってほしい。実際今回は、スタート時刻が読めなかったせいで招集ギリギリになり、ウォーミングアップを行う余裕が無かった

安全対策の欠如

もう一点、こちらのほうが重大な問題だ。

今回、レース中の安全管理を行うコースマーシャルが配置されておらず、怪我や急病に対応する医療スタッフも不在だった。これは自転車レース主催団体としてありえないことだ。

我々サイクリストは、自転車が危険であることを理解し、大きな怪我を負ったり、最悪の場合死亡するリスクを認識した上でレースを楽しんでいる
しかしそれは、想定されるアクシデントに対して、ある程度の安全が担保されているからできることだ。

助けがすぐに来ない状況で転倒し、重症を負ったら?
それが見通しの悪い場所で、身動きが取れないところに、後続の選手が突っ込んで来たら?

「本部からコースの殆どは見渡せる」と言っていたが、選手を遠目に見物するだけでは意味がない。

さらにレース当日は厳しい暑さだった。コース上は日を遮る場所がなく、長時間のレースでは熱中症に陥りやすい。
レース中も、コース脇に座り込んで休憩する選手を見かけたが、もし彼がその後意識を失っていたら?

(元気そうだったが)もし彼が意識を失っても、すぐに助けは来ない

実際、レース中の転倒で流血している人は何人もいたし、マスターに出走した選手は中程度の熱中症で立ち上がれなくなっていたが、自身で処置したり、周囲の知り合いが介抱している場面を見た。

こんなお粗末な体制で死亡事故が起これば、今後大会開催は行えなくなるだろう。
犠牲者はもちろん、運営団体も、会場も、他のサイクリストも、誰も幸せにならない

以上2点、特に安全対策については、もみじシクロクロスに対しかなり強く指摘した。
選手としても、安全面が担保されていないイベントには出るべきではないと思う。

可能性を感じるグラベルレース

運営面では厳しい評価となってしまった今回のイベント。しかし、グラベルレースとしては、大いに可能性を感じるものだった。

何よりコースが素晴らしい。コントロールライン付近を除くほぼすべての区間がグラベルのクローズドコースで、整備が行き届いていて路面状況も良い。
また、勝負どころになる適度なアップダウンや難しいコーナー、急勾配もある。グラベルレースには理想的ともいえる環境だ。

今回はほぼ一人旅だったが、参加者が増えれば選手同士の駆け引きも生まれ、ロードレースのような面白い展開も見られるだろう。

レース運営上の問題が解消され、来年も開催されるのなら、タイトル防衛を目指してまた出場したい。

タイトルとURLをコピーしました