AirTagでロードバイク盗難対策 追跡機能とセーフティ通知の検証

  • URLをコピーしました!

小型軽量でバッテリーライフも長いスマートタグ「AirTag」。

あわせて読みたい
Apple AirTagをロードバイクの盗難防止に使えないか 紛失防止タグやスマートタグとは、スマートフォンと連携し、音を鳴らしたり位置を追跡できるキーホルダー状のデバイス。通信には省電力のBluetoothを使用しており、小型...
直径φ31.9mm×厚み8mm 重量11gのスマートタグ「AirTag」

ロードバイクなど高額な自転車の盗難対策に使えるのではないかと考え、AirTagの追跡機能の挙動を調べるとともに、盗難車の追跡という観点では都合の悪い「セーフティ通知」の検証を行った。

目次

近距離にあるAirTagは音とレーダーで探索

iPhoneとAirTagが近くにあり、直接Blutooth接続された状態では、アラーム音やUWBレーダーを使って位置を探すことができる。

自宅内で鍵や財布をよく失くす、部屋を片付けられない人にはありがたい機能。

アラーム音

AirTag内蔵スピーカーからアラーム音を鳴らす事ができる。

部屋の中で鍵をなくしたとか、そういう時には便利な機能だが、いかんせん音量が小さいので、バイクを盗難されそうになった際の警告としてはあまり役立たないと思った。

あわせて読みたい
自転車用にApple AirTag購入 アラーム音を鳴らしてみる ロードバイクの盗難対策として、AirTagをひとつ購入してみた。 https://skmzlog.com/apple-airtag/ 【開封】 お試し、ということで1個入りのものを購入。パッケージはAp...

UWBレーダー

iPhoneとAirTagがBlutooth接続された状態では、UWB(Ultra Wide Band:超広帯域)レーダーでAirTagの正確な位置をナビゲーションできる。

ただし、この機能が使えるのはU1チップを搭載するiPhone11/12シリーズのみで、SE(第2世代)には対応していない。

AppleデバイスとiCroudで遠く離れたAirTagを追跡

自分のiPhoneとAirTagの距離が離れてBluetooth接続が切れてしまった時、AirTagは周囲のiPhone,iPad,Macと暗号化された通信を行い、現在地をiCloudに送信する
そのため(Appleデバイスを持った人が近くを通りかかったら)遠く離れた位置にあるAirTagの位置を知ることができる。

数分おきに位置情報を更新

誰かのiPhoneがAirTag付近に常にある場合、「探す」アプリ上の現在地は数分ごとに更新される。

なお、この状態では「サウンドを再生」というボタンをタップしてもアラーム音を鳴らすことはできない。

iCroud経由でAirTagの位置を確認

表示できるのは最新の位置のみで、位置情報の履歴を調べることはできないようだ。

「セーフティ通知」機能でストーカー防止

AirTagを荷物に紛れ込ませたり、わざと拾わせたりすることで、他人の移動を監視したり、自宅や職場を特定することができる。

そのため、自分のものではないAirTagと一緒に移動し続けた場合、
AirTagは

  • iPhoneへのプッシュ通知
  • アラーム音の再生

を行うように設計されている。

AirTagは、不要な追跡に使われないように設計されています。

誰かのAirTagがあなたの持ち物に紛れ込んでも、あなたのiPhoneがそれを検知してアラートを表示。見つけられない場合でも、AirTagが音を鳴らし始めるので安心です。
AirTagを付けている友だちがそばにいても、電車の中でAirTagを持っている人たちに囲まれても、心配ありません。このアラートは、AirTagが持ち主から離れた時だけ有効になるからです。

https://www.apple.com/jp/airtag/

アラーム音再生は3日後iPhoneへのセーフティ通知は、自宅や職場などを訪れるとプッシュ通知が届くことがあるが、挙動の詳細については公表されていない。

盗難防止にAirTagを使えるか検証

自転車の盗難防止にAirTagを使う場合、あまりに早いタイミングでセーフティ通知が通知されると窃盗犯がAirTagの存在に気づいてしまうため、都合が悪い。

というわけで、どの程度の時間「見知らぬAirTag」を携帯していると通知が来るのかを確かめるため、妻のiPhoneにペアリングしたAirTag自分用のiPhone SEを持って、まる1日外出してみた。

何かと便利な初代SE

テスト1:自宅~自宅

まず、朝から10時間くらい出歩いてみたが、iPhoneに特に通知は来なかった
自宅や職場付近ではセーフティ通知が出るらしいが、今回は帰宅しても通知なし。妻のiPhoneの通信圏内に入ったからだろうか。

テスト2:自宅~職場~自宅

翌日、同様にAirTagとiPhone SEを持って出勤してみた。
仕事中は特に通知は来なかったが、終業時間を過ぎて帰ろうとした所、iPhoneに「あなたが所持中のAirTagが見つかりました」というプッシュ通知が

「最初に所持が確認された時刻」から9時間経って、ようやくプッシュ通知が届いた

「続ける」をタップすると、記録された移動経路をマップ上で確認できる。
また「サウンドを再生」でAirTagから音を出して探すことができる。

「セーフティ通知を一時停止」すると、以後通知されなくなる。

以上のように、仮に他人のAirTagが紛れ込んでいたとしても数時間は通知されず、ストーキング防止としてはちょっと弱い気がする。

一方で、盗難されたロードバイクを追跡するには好都合ではある。
犯人がiPhoneユーザーならば、数分おきに現在地を知らせてくれるうえ、自宅住所まで教えてくれる。

盗難届を出すときや盗難車が見つかったときの確認のため、防犯登録番号や車体のフレームナンバーは予め控えておくこと。

自転車の盗難防止には使えそうだが…

AirTagが他人のiPhoneと共に移動している場合、少なくとも数時間はiPhoneの持ち主に気づかれずに追跡できる。
窃盗犯の本拠地を特定できるため盗難対策としては有効。AirTagの存在に気づかれる前に焼き討ち…じゃない通報しよう。

ただ、セーフティ通知機能によるプライバシー保護については少々不安が残る。
休日出勤と偽ってサイクリングに出かけるのは、しばらく控えることをおすすめする。

  • URLをコピーしました!
目次