【レビュー】OGK BT-04 ソフトタイプ バーテープ ~グリップが高く安価な プアマンズ・リザードスキン~

GK BT-04 ソフトタイプ バーテープ

滑りにくくクッション性もあるOGK製のバーテープ。高価格化するバーテープの中にあって安価なうえ入手性も良い。

評価 ★★★★☆

購入価格 1300円

長所 -Pros-

  • 高いグリップで滑りにくい
  • 適度な柔らかさ

短所 -Cons-

  • カラーは白・黒・赤の3色のみ
  • 粘着剤が強く巻き直しがしにくい

OGKのバーテープ

通勤用ロードバイクのバーテープが擦り切れてきたため、そろそろ交換することに。
リザードスキンやスパカズが登場してからバーテープはずいぶん高くなったが、今回はその中でも比較的手頃なOGKのバーテープを使ってみることにした。

OGKカブトといえばヘルメット専売のイメージだが、実はバーテープも販売している。
余談だが、隠れた人気商品だったボトルケージは販売終了してしまった。

製品名タイプカラー価格(税別)備考
BT-01コルク白 黒 赤 青\1600弾力性に富んだ、オールラウンドモデル。
BT-02コットン白 黒 赤\1600ダイレクト感抜群の全天候型実戦タイプ。
BT-03カーボン柄白 黒\1600軽くて握りやすい、カーボンパターンタイプ。
BT-04ソフト白 黒 赤\1600通勤・ツーリングにおすすめのソフトフィットモデル。
BT-06超薄手白 黒 赤\1800「薄さ」「グリップ感」「引っ張り強さ」でダイレクトにパワーが伝わる。
BT-09極厚手白 黒 赤\1900抜群の衝撃吸収力でロングライドにも最適な超厚手モデル。
OGK バーテープのラインナップ

カラーは各3色程度と少ないが、用途にあわせて6種類の製品がラインナップされている。

極薄モデルのBT-06は力が逃げないうえ軽量で、レースガチ勢の一部で人気があるらしい。

BT-04 ソフトタイプ

今回は、ソフトタイプのBT-04を購入。実店舗で1300円弱だった。

まぁまぁコストのかかったパッケージ

無駄にコストの掛かった箔押しのパッケージを開けると、内容物は

  • バーテープ 2本
  • エンドキャップ 2個
  • 仕上げテープ 2枚

ブラケット部の目隠しに使うバーテープの切れ端は付属しない。

今回購入したのは黒だが、バーテープのカラーは他に白と赤が選べる。
3色だけというのは少しさびしい気もするけど、変な色のバーテープはバイクに合わせるのが難しいし、白と黒があればいいか…

巻きやすいが粘着力が強い

BT-04はそこまで伸びるわけではないが、柄やステッチが無く、きれいに巻きやすい。

ただし、裏面に貼られた両面テープが強力で、巻き直すと糊が残ってしまう。なるべく深追いせずに巻きたい。

何度もやった作業なのに、なんだかんだで30分ほどかかる。

蛇足だが、巻くのが難しいバーテープの筆頭はSILVAのロゴ入りバーテープ。
ロゴの位置を合わせるのが至難の業だし、特にコルク素材のものは、引っ張ったらすぐに千切れてしまう。

SILVAのコルクは10年ほど前の定番製品だったので使ってみたこともあるが、両面テープの品質も悪く、イマイチ良さがわからなかった。
改めてラインナップを確認したら、ロゴ入りバーテープはディスコンになっていた…

以前大変な目にあったので、このときはロゴを合わせを放棄した。

高いグリップ感

巻き終えて使ってみると、表面のテクスチャといい、ゴムのようなグリップ感といい、リザードスキンのDSPバーテープに寄せたような印象を受けた。
ペタペタと手に吸い付くようなリザードスキンほどではないが、握り込むとしっかりグリップして滑らない。

プアマンズ・リザードスキンというと怒られるだろうか…

雨の中走ることがあったが、濡れてもそこまでのグリップ低下は感じなかった。
以前使っていたリザードスキンは、濡れるとやたら滑った記憶がある。

素手でも滑らない

程よいグリップ感に加えて手触りも悪くないので、素手でも、グローブ越しでも使いやすいと感じた。

振動吸収性に優れる

BT-04はEVAフォームにポリウレタンの表皮を張った構造で、コルクバーテープよりは薄いものの、ある程度の厚みがありクッション性に優れる。

表皮の滑りにくさも相まって、荒れた路面でも握りやすい。
今回はロードバイクに巻いたが、オフロードを走るグラベルロードやシクロクロスにも良いんじゃないだろうか。

厚みがあるといっても、コルクバーテープのようにブニブニして力が逃げるほどではない。

まとめ:滑りにくく、クッション性があり、しかも安い 

「しっとりしたグリップ感で、ツーリングなどのロングライドにもおすすめ。」と書いてあるが、レースでもこれでいいんじゃないの?と思えた。まぁ、僕はロードレースやらないけど…
価格が安く、破れても財布のダメージが少ないので、来シーズンはシクロクロスにも使ってみようかな。