スポンサーリンク
レビュー

【レビュー】おたふく手袋 UVカットスリーブ クルーネックシャツ JW-715 ~メッシュインナーとアームカバーが一体化 洗濯物を減らせる長袖インナー~

【レビュー】おたふく手袋 冷感3Dファーストレイヤー UVカットスリーブ クルーネックシャツ JW-715 ~メッシュインナーとUVアームカバーが一体化したインナーウェア~

OTAFUKU GLOVE Body Toughness JW-715

胴部分は冷感メッシュ素材、腕周りはUVカット素材を使用した、おたふく手袋の夏用長袖インナー。
メッシュインナーとアームカバーが一体化したような造りで洗濯物を減らせるが、腕のフィット感に難があるうえ、腋周りに熱気が籠もりやすい。

評価 ★★★☆☆

購入価格 1950円

長所 -Pros-

  • アームカバー一体なのでずり落ちない
  • 洗濯物を減らせる

短所 -Cons-

  • 腕部分のフィット感不足
  • メッシュ部分の生地がほつれやすい
  • 腋周りに熱が籠もる

スポンサーリンク

メッシュインナーとUVアームカバーが一体化

日焼け防止というわけではないのだが、夏場のライド時には速乾素材のUVアームカバーを着けるようにしている。
直射日光を避けることで体力消耗を防げるし、汗を一時的に留めてむしろ涼しいためだ。

ただアームカバーは腕の太さによっては固定力が足りず、乗車中にずり落ちてくることがあるし、逆に締めつけ感が気になる人もいる。また、洗濯物が増える点もネックだ。

安価で高機能なインナーウェアを販売しているおたふく手袋の「JW-715」は、そんなサイクリストを狙い撃ちしたような製品。
ジャンルとしては長袖インナーになるのだが、メッシュインナーとUVアームカバーが一体化したような構造となっている。

価格も2000円以下と、おたふく手袋らしい低価格。
アームカバーがずり落ちてこないこと、また、洗濯物を減らせる(インナー+アームカバー左右→長袖インナー1着)ことに期待して、試しに1着購入してみた。

パッケージにも「サイクルジャージのアンダーに」と書かれている

胴体部分は3Dメッシュ素材で、なんとなくCRAFTのインナーを意識した感じだ。
肌面の汗を外に吸い出し、不快なベタつきを軽減する。

冷感メッシュ素材を採用

腕部分はUVカットの吸汗速乾素材で、アームカバーとして機能する。
なお、胴体部分、腕部分どちらも接触冷感素材が使われている。

サイズとフィット感

身長177cm 体重68kgでMサイズを購入。平置きの寸法は以下の通りだ。

Mサイズ

フィット感は値段なりだ。サイクリング向けを謳っているが、裁断自体は特別なものではない。

177cm 68kg Mサイズ着用

腕に使われているUVカット素材が微妙で、伸縮性があまり高くない。生地が余った部分がシワになるうえ、突っ張り感もある。
商品説明には「コンプレッション素材」とあるが、サイクリングはともかく腕を大きく動かすスポーツには使いにくいだろう。

腕のフィット感がイマイチ

そういえば以前、同素材のタイツを履いて膝を痛めそうになったことを思い出した…

使用感

5~6月、気温23~28度ほどの環境で何度か使用した。

腕周りの着用感は微妙

素肌の上にJW-715を着て、その上に半袖ジャージというレイヤリングだが、二の腕の余った生地が、タイトな袖からはみ出してダサい。密着しないので、吸汗速乾効果もあまり期待できなさそうだ。
前述の通り伸縮性も十分でなく、腕周りの着用感は正直イマイチだ。

メッシュインナー部分は涼しいがデリケート

一方、胴回りのメッシュ生地は悪くない。インナーウェアが挟まることで汗に濡れたジャージが肌に張り付かず、風が抜ける感覚がある。

ただ、このメッシュ生地は結構デリケートで、ベルクロが引っかかるとすぐにほつれてくる
時計のベルクロバンドか、あるいはグローブか。知らない間に引っ掛けたようで、糸が引っ張り出されてしまっている箇所があった。

また、洗濯時も要注意だ。引っかかりやすいので、ネットに入れるほうが良い。

ただまぁ、安いインナーだし外からは見えないし、私は気にしないことにした。

腋周りに熱がこもる

このインナーは裁断の都合上、メッシュ生地は胴体部分のみで、肩から先は目の詰まった素材になっている。

実際使ってみて気づいたのだが、このインナー最大の欠点は腋周りの放熱性だ。
腋の下には太い動脈が通っており、ここで体温測定することからもわかるように、他の体表面より温度が高い(深部体温に近い)。
激しい運動時は当然、さらに多くの熱が放出されるが、長袖インナーだとこの熱気が籠もってしまうのだ。

ノースリーブのメッシュインナー+アームカバーと比べると、明らかに風通しが悪い
気温30度以下で暑さを感じるので、猛暑日にはオーバーヒートするんじゃないだろうか…

春秋用としては悪くない

夏用インナーとしては戦力外だったが、季節がめぐり、秋になると評価が変わってきた。
気温15~20度くらいの環境では、風通しが悪いせいで適度に暖かい。

半袖では肌寒いが長袖は暑い、中途半端な気温の時は役立ちそうだ。

まとめ:ニコイチすればいいというものではない

洗濯の手間を減らせるんじゃないか?と買ってみたものの、アームカバー部分の伸縮性と放熱性がネックで、夏用インナーとしては残念ながら満足できなかった。

おたふく手袋は、アームカバーやタイツといった、手足の関節にあわせて伸縮する素材が苦手(あるいはコスト的に厳しい)なのかもしれない。

ただ、胴回りの冷感3Dメッシュ素材については好印象だったので、これからの季節に向けて、本品の姉妹品であるノースリーブタイプのJW-713を使ってみるのはアリかな?などと思っている。

余談だがアームカバーはレーパンのような薄い素材のCW-X製品や、シームレスで着用感に優れたRxL SOCKS製品を好んで使っている。

タイトルとURLをコピーしました