TIPS

パワーメーターの精度比較 実走(Assioma Duo・Pioneer PM910・PowerTap G3編)

ペダル型パワーメーター Assioma Duoの癖を調べるため、測定値の比較を行った。
今回は実走トレーニングライドにて、Assioma Duoに加えて、Pioneer ペダリングモニタPM910とパワータップG3のログを同時に記録。ログを比較した。

パワーメーターが3つもついてる気持ち悪いバイク。しかもペダルとクランクは左右独立測定。
スポンサーリンク

ライド内容

Garminを3台用意し(Edge530Edge130 Plusfenix6s)、PowerTap G3、Assioma Duo、Pioneer PM910それぞれとペアリング。同時にログを記録した。
帰宅後ログをExcelにまとめ、練習区間のうち1時間を抜き出してパワーデータを重ねたのが以下のグラフ。

パイオニアのペダリングモニタPM910はAnt+モードで使用しているが、平均パワーが202.7Wと、だいぶ低めに出ている。

なお、練習前には外気温に十分慣らし、キャリブレーションを行っている。

では、様々なシチュエーションでパワーを比較していきたい。

①ターゲット320W 緩い上り

アウターギヤで十分踏める勾配1%ほどの上り区間で、FTPの若干下である320Wほどをターゲットにして走行した部分を切り出した。なおケイデンスは平均90rpmほど。

  • PM910: 310.5W
  • Assioma: 318.1W
  • PT G3: 324.4W

ペダリングモニタPM910の測定値が低いのはともかく、300W台前半では、Assiomaよりパワータップのほうが高めの値になっていることに注目。

②ターゲット370W 緩い上り

勾配2%の上りをVO2MAX域で踏んだ。ケイデンスは勾配のぶん少し下がって86rpmほど。

  • PM910: 357W
  • Assioma: 367.6W
  • PT G3: 367.8W

これくらいのパワーになると、Assiomaとパワータップの測定値が揃う。

③ターゲット250W 緩い上り

では低めのパワーではどうか、ということで、1%ほどの上りをケイデンス60台でだらだらと。

  • PM910: 244.1W
  • Assioma: 254.6W
  • PT G3: 253.5W

ペダリングモニタが10Wほど低いのは相変わらず。
Assiomaとパワータップの平均パワー差は1Wくらい。

④1分500W

勾配9.4%の坂をシッティング500Wでよじ登る。ケイデンスは平均83rpm。

  • PM910: 496.3W
  • Assioma: 514.8W
  • PT G3: 521.6W

グラフを見ると、後半パワータップの測定値が上下している。チェーンを経由するためパワータップは、もしかするとフレームのたわみの影響を受けているのかもしれない。

⑤激坂ダンシング

平均勾配10.5%の坂をずっとダンシングで登った。ギヤは39×23や25Tで、ケイデンスは53と低い

  • PM910: 294.9W
  • Assioma: 308.9W
  • PT G3: 301.6W

通常はパワータップが高めのワット数をはじき出す300Wちょっとの領域だが、ダンシングの場合はAssiomaのほうが高い測定値となる。

小さいインナーリングを使うことに伴う伝達効率の影響かと思ったけど、インナーローと、最も効率的なアウター14Tを比べても差はたかだか0.5W程度なので、誤差かな…
おそらく、体重を利用したダンシング特有のペダリングが原因だろう。

⑥高速ペダリング

最後に、5%の下りストレートで最高速チャレンジ。ケイデンスは平均120rpmで、ピークパワー700W。

  • PM910: 579.6W
  • Assioma: 605.6W
  • PT G3: 607.8W

後半、ペダリングモニタが全然パワーを拾えてない。ちゃんとケイデンスマグネットもついてるのに。

まとめ

各シチュエーションの平均パワーをまとめると、以下の表のようになる。

①320W②370W③250W④500W⑤ダンシング⑥高回転
PM910310.5357.0244.1496.3294.9579.6
Assioma318.1367.6254.6514.8308.9605.6
PowerTap324.4367.8253.5521.6301.6607.8

大半のシチュエーションにおいて、Assioma DuoとPowerTap G3の測定値は良く一致している一方で、ペダリングモニタは常に低いパワー値を示し続けた。

以前から、ペダリングモニタをAnt+モードで使用すると、踏んだ割に測定値が低いという印象を持っていたが、
今回、パワータップにAssiomaを加えて3者で比較したことで、パワータップが上振れしているのではなく、ペダリングモニタが下振れしていることがわかった
もちろん、パワータップとAssiomaが揃って上振れしている可能性もありうるのだが、別のテストでAssiomaとInfocrank、Vectorがある程度近い測定値を取ることを確認している。

今後、Assioma DuoとPowerTap G3と一緒に測定することで、精度が未知のクランク式パワーメーター(例えば中華パワメなど…)の精度評価や校正ができるのではないか、と考えている。