シマノ電動コンポ Di2の互換性情報

シマノの初代電動コンポーネントである7970系デュラエースを除き、6770系アルテグラ以降のDi2は同じ規格のケーブルを使用し、相互に接続できる。
しかし、各ユニットには互換性があり、組み合わせによっては動作しない組み合わせがある。

現在、Di2のバイクが3台と、コンポが1台分あるが、毎回調べるのが面倒なので要点をまとめておく。

なおDi2を含むシマノの各コンポーネントの互換性については、以下リンク先のPDFで確認できる。

前後ディレイラー(FD,RD)

フロントディレイラー(FD)とリヤディレイラー(RD)の組み合わせには2つのルールがある。

  1. 変速段数が揃っていること
  2. ロード用/MTB用で統一されていること

変速段数が揃っていること

2021年3月現在、Di2コンポーネントには10速と11速があるが、RDが10速用の場合、FDも10速用でなければ動作しない。

といっても、10速のDi2コンポは6770系アルテグラDi2だけなので、

RD-6770、RD-6770Aと組み合わせることができるFDは、FD-6770のみとだけ覚えておけば良い。

ロード用/MTB用で統一されていること

ロード用FDにはロード用RD、MTB用FDにはMTB用RDを組み合わせる必要がある。

グラベルコンポのGRX Di2はロードコンポに分類される。

シフターは制限なし

シフターはDi2のシステムでは単なるスイッチとして振る舞うので、10速でも11速でも、ロード用STIでもMTB用シフターでも、あるいはアーバン用コンポでも好きなものを選べる。
所有するロードバイクは右レバーがST-6770で左レバーがST-9070という構成だが、これでも正常に動作する。

好きなシフトスイッチを組み合わせられる

ただし、シフトユニットは1台のバイクに合計6個までとなっている(STIの専用ポートに直結するスプリンタースイッチ(SW-R610)はカウント外)。
左右STIで2個+DHバーに2個+サテライトスイッチという組み合わせはもちろん、STI×4個というのも可能。

スプリンタースイッチ SW-R610

ちなみにスイッチの割り当ては設定アプリE-tube Projectで自由に編集できる。シクロクロスはフロントシングルなので、右レバーは大ボタン・小ボタン両方シフトアップに、左レバーはシフトダウンに設定している。

E-tube Projectで好みのキーコンフィグに設定

ジャンクションA/ディスプレイとバッテリー(マスターユニット)

Di2のシステム構成で一番ややこしい点がジャンクションAとバッテリーの組み合わせ。
新しいユニットだけで組むなら問題は起きないが、旧世代のジャンクションAやバッテリーを使う場合には互換性に注意を払う必要がある。

ジャンクションA/インフォメーションディスプレイ

ジャンクションAは、シフトスイッチからの信号を取りまとめるユニット。変速調整用ボタンや、内蔵バッテリーの充電ポートも備える(SM-EW67-A-Eは充電ポート無し)。

インフォメーションディスプレイはロードバイクにも取り付けできるが本来はMTB用で、ジャンクションAの機能に加えて、現在のギヤ段数やバッテリー残量などを表示する画面がついている。さらに、BluetoothとAnt+の通信機能も内蔵している(SC-M9050はBluetooth・Ant+とも非搭載)。

Bluetoothを内蔵していると、スマホのE-tube Projectアプリから無線でDi2の設定やファームウェアアップデートが可能。

Bluetooth経由でファームウェアアップデート(文鎮化リスクがそれなりにあってビクビク)

バッテリー(マスターユニット)

バッテリーは「マスターユニット」というDi2のシステムを司る部分になっている。バイクに合わせて、フレームにネジ止めする外装タイプと、シートピラー内などに収納する内蔵バッテリーがある。

外装バッテリー内蔵バッテリー
旧型SM-BMR1
SM-BMR2
SM-BTR2
新型
(BT,シンクロシフト対応)
BM-DN100BM-DN110
Di2のバッテリー

それぞれ旧型と新型があるが、Bluetooth接続機能やシンクロシフトを利用するには、新型マスターユニットが必須※1となっている。
特に、Di2のシステムにBluetoothユニットが存在する場合※2、旧型バッテリーでは変速すらできなくなる

※1 例外的に、SC-M9050と旧型バッテリー、MTB用ディレイラー前後の組み合わせに限りシンクロシフトを利用できる。
※2 BluetoothユニットEW-WU111を繋ぐ場合、またはBluetooth機能を内蔵するインフォメーションディスプレイを使用する場合。

動作する組み合わせ

ジャンクションAとバッテリーの組み合わせについて、

  • Bluetoothユニットが存在する場合、新型マスターユニットBM-DN100/BT-DN110が必須
  • ジャンクションAにSM-EW67-A-Eを使う場合、旧型外装バッテリー(SM-BMR1/2)のみ対応

よって、各パーツの互換性をまとめると以下のような対応表となる。

旧型バッテリー
SM-BMR1/2
SM-BTR2
新型バッテリー
BM-DN100
BT-DN110
ジャンクションA
 EW-RS910
 SM-EW90-A/B
ディスプレイ
 SC-M9050
Bluetooth内蔵ディスプレイ
 SC-M9051
 SC-MT800
 または
+Bluetoothユニット(EW-WU111)
×

MTB用RD非対応
ジャンクションA
 SM-EW67-A-E
ディスプレイ
 SC-S705※

(EW67は外装バッテリーのみ)
×
ジャンクションA/ディスプレイとバッテリー(マスターユニット)の対応表

※SC-S705はシフト調整ボタンが無いため、E-tube Projectアプリ経由で変速調整が必要

SM-EW67とSC-S705は、ロード系リヤディレイラーと旧型バッテリーのみに対応する。
加えて、6770アルテグラDi2用のSM-EW67-A-Eには充電ポートが無いため、外装バッテリーマウントSM-BMR1/2との組み合わせでしか使えない。

現行販売されているバッテリー(マスターユニット)とジャンクションAを組み合わせるなら、こんな互換性に注意を払わなくとも、何ら問題なく動作する。

ただ、旧型バッテリーマウントや6770系アルテグラDi2のジャンクションAはヤフオク・メルカリでとにかく安いので、対応表にしたがってうまく取り入れれば低コストでDi2システムを組める。

配線について

シマノDi2では、どこに何が接続されているかは問題ではなく、必要なパーツがケーブルでどこかに繋がってさえいれば動作する。

最低限必要なパーツは以下の4点。

  • シフター
  • ディレイラー
  • ジャンクションA
  • バッテリー(マスターユニット)

ジャンクションBは、単なるハブなのでなくても構わない。

フロントシングルのシクロクロスバイクは、長いケーブルを使ってジャンクションAからバッテリーおよびRDに直接配線している。

フロントシングルCXバイクのDi2構成図

ありがち構成

インフォメーションディスプレイでギヤ位置を表示したい

インフォメーションディスプレイ(SC-M9051,SC-MT800)にはBluetoothが内蔵されているので、新型バッテリー(BM-DN100,BT-DN110)が必要

ただし、廃盤のSC-M9050を使う場合は例外的に旧バッテリー(SM-BMR1/2,SM-BTR2)でも運用可能(Bluetooth非搭載のため)
MTB用ディレイラーには非対応だが、SC-S705(アルフィーネDi2)も旧バッテリーで使える。
ただし、変速調整ボタンがなかったり、ケーブル接続口が2ポートしかなかったりするので運用が少し面倒ではある。

SC-S705+SM-BTR2とFD/RD-9070で運用

ポート不足はEW-JC130-SM 分岐ジャンクションで解消できる。

シンクロシフトを使いたい

シンクロシフト(正式にはシマノ・シンクロナイズドシフト)は、前後ディレイラーを連動して変速する機能。

  • シンクロナイズドシフト…リヤディレイラーのギヤポジションに合わせて自動的にフロント変速
  • セミシンクロナイズドシフト…フロント変速時にリヤも変速し、ギヤ比変化を和らげる

シンクロナイズドシフトモードでも手動でのフロント変速は可能なので、峠のピークなど、急な勾配変化があるときにも対応できる。

シンクロシフトはもともとM9050XTRで採用され、その後ロード系コンポでも使えるようになった機能だが、動作に必要な条件はロード・MTBで異なる。

ロード

ロード系ディレイラーの場合、FD-6770、RD-6770以外のディレイラーと、新型バッテリー(BM-DN100,BM-DN110)が必要

フロントディレイラーFD-R9150
FD-R8050
FD-9070
FD-6870
FD-RX815
リヤディレイラーRD-R9150
RD-R8050
RD-9070
RD-6870
RD-RX815
RD-RX805
バッテリー(マスターユニット)BM-DN100
BT-DN110
ロードでシンクロシフトを使うための組み合わせ

MTB

MTB系ディレイラーの場合は、インフォメーションディスプレイ(SC-M9050,SC-M9051,SC-MT800)が必要となる。
バッテリー(マスターユニット)の制限は無いが、Bluetooth搭載のSC-M9051,SC-MT800を使用する場合はため新型バッテリーと組み合わせる必要がある。
ディスプレイが廃盤のSC-M9050なら、新旧バッテリーどちらでもシンクロシフトが動作する。

SC-M9050
フロントディレイラーFD-M9050
FD-M9070
FD-M8070
リヤディレイラーRD-M9050
RD-M8050
インフォメーションディスプレイSC-M9050
SC-M9051
SC-MT800
SC-M9051
SC-MT800
バッテリー(マスターユニット)SM-BMR1
SM-BMR2
SM-BTR2
BM-DN100
BT-DN110
MTBでシンクロシフトを使うための組み合わせ

中古でとにかく安くDi2の2×11sコンポを揃える

ジャンクションAはヤフオク・メルカリで3000円程度のSM-EW67-A-Eに確定。
現行パーツだとSM-EW90とケーブル(SD50)2本で新品13000円コース。1万円差はデカい。

何故かSM-EW67の未使用品をストックしている

さて、こいつは旧世代の外装バッテリーしか対応していないので、バッテリーマウントはSM-BMR1,SM-BMR2
バッテリーマウントとバッテリー(SM-BTR1)、充電器(SM-BCR1)をセットで安く買えると、全体コストをかなり抑えられる。

残りのコンポはあまりコストダウンの余地がない。

レバーは、今となってはST-6770もST-6870も中古相場は大差ない。
6770のケーブル接続口は2ポート、6870は3ポート(1ポートはスプリンタースイッチ用)なので、選べるならST-6870がベター。

前後ディレイラーは、まぁ順当にFD-6870とRD-6870になると思う。
11速が出て間もない頃のファームウェアでは、FD-6770と11速リヤディレイラーを組み合わせて使えたんだけど…

あとは必要数のケーブルとジャンクションBを揃えればOK。