【レビュー】Vemico GoPro Hero9用バッテリー・充電器セット 

GoPro Hero9用の互換バッテリーセット。低コストで予備バッテリーの個数を揃えることができる。また、付属の充電器は3個同時充電が可能。

こちらのレビューはVemico様からの提供品です

長所 -Pros-

  • 純正品より安価
  • 3個同時に充電できる充電器が付属

短所 -Cons-

  • 純正に比べるとややバッテリーライフが短い

アクションカメラの予備バッテリー

アクションカメラのスタンダードといえばGoPro。最近の機種は高画質化するとともに強力な手ブレ補正機能を備え、日常の動画撮影からエクストリームスポーツまで幅広く活躍している。
2020年9月発売のHero9では消費電力増加に伴い、バッテリー容量が増え、形状も変更された。
これによって、4K/60fpsで撮影時、Hero8は47分間だった連続撮影時間は、Hero9では70分間に伸びている。

バッテリーライフが伸びたとはいえ、車載動画などで長回しするなら予備バッテリーは必須

今まではGoPro Hero9購入時に付属した純正バッテリー2個で運用していたが、
互換バッテリーを販売するVemico様より製品を提供していただいたのでレビューする。

Vemico GoPro Hero 9 バッテリー 充電器セットの内容物

レビューするVemico GoPro Hero 9 バッテリー 充電器セットには、Hero9用バッテリーが3個と、充電器、USB A-Cケーブルが付属する。

セット内容

各バッテリーは、プラスチック製のケースに入っている。
当然ながらGoPro純正バッテリーも収納できるので、携帯時のバッテリー保護に使える。

バッテリーケース付属がちょっとうれしい

バッテリーの外観

バッテリーの形状は純正とほぼ同じ。Vemico製バッテリーはオレンジ色の被覆が巻かれている。
ひと目見て互換品とわかるが、純正の外観をコピーした製品よりむしろ好感が持てる。

バッテリーの外観

バッテリーの容量は、GoPro純正品は1720mAhであるのに対して、Vemicoバッテリーは1800mAh
まぁ、公称値はともかく、実際のランタイムは後ほど比較する。

GoPro Hero9本体への挿入も特に問題ないが、オレンジ色の被覆が少し分厚いのか、純正バッテリーに比べるとごくわずかに引っかかる感じがした。
また、バッテリーを引っ張り出すタブは薄く、少し頼りない。

被覆が若干引っかかる感じはある

付属充電器の電流を測定

付属の充電器は3つのバッテリースロットを持ち、3個同時充電できる。

充電器背面に備えられた充電端子はUSB Type C。ただし、USB C-Cケーブルでは充電できなかった。付属あるいは汎用のUSB A-Cケーブルが必要。
Type Cの充電規格は複雑なので安易にType C端子を採用せず、敢えてMicroUSB端子でも良かったのではないかと思う。

さて、USB電流計で充電中の電流を測定した。
AC100Vの電源タップに接続した5V2AのUSB ACアダプタで充電を行い、電流を読み取った。
なお測定に先立ち、バッテリー残量が30%程度になるまで放電してある。

1個充電時

1個充電時の充電電流は約0.55A。バッテリー容量は1800mAhなので、0.3C充電といったところか。
この程度の電流なので発熱もほとんど無い。

1個充電時 0.55A

2個充電時

2個目のバッテリーを差し込むと、充電電流が約1.1Aに増えた。

2個充電時 1.10A

3個充電時

3つ目のバッテリーを入れると、充電電流は1.6Aに達する。
目立った発熱はないので熱は籠もらないと思うが、充電器の蓋は開けておいたほうが良いと思う。

3個充電時 1.6A

ACアダプタの出力やケーブルの抵抗に注意

3個充電時は1.6Aの電流が流れるため、出力の低いUSB ACアダプタ(5V1Aなど)では十分な電流を流すことができない

また、長過ぎるUSBケーブルやUSB延長ケーブルを使用したときも、配線の電気抵抗が原因で充電速度が落ちてしまう
試しにUSB延長ケーブルをつなげてみたところ、3個接続しても1.3A程度しか電流を流せなかった。

充電時はLEDが赤色に点灯 充電完了すると緑色に光る

純正バッテリーと電池の持ちを比較

GoPro Hero9純正バッテリーと、Vemicoバッテリーのバッテリーライフを比較した。

測定の様子

テスト内容

100%に満充電したGoProとVemicoのバッテリーを各2個ずつ用意し、5分ごとにバッテリー残量を記録した。

撮影設定は

  • 4K 60fps
  • 液晶画面は常時オン(前面・背面とも)
  • Hypersmooth(手ブレ補正)オン

無風状態だと発熱で温度が上がりシャットダウンしてしまうので、実験中は扇風機で風を当て続けた

液晶画面を5分ごとにタイマー撮影

結果と考察

横軸を撮影時間、縦軸をバッテリー残量とし、グラフにプロットした結果を以下に示す。

実際のバッテリーライフでは、GoPro純正に比べてVemicoは15%程度短い結果となった。
GoPro純正バッテリーは70~75分、Vemicoバッテリーは60~65分で電池切れになっている。

どうやら、バッテリー本体に表記されたほどの容量は無いようだ。
ただ、品質は安定している印象を受けた。

まとめ:多大なコストメリット

バッテリー容量こそ純正より少ないものの、4K60pでも1時間は撮影できる。

また、純正との価格差は大きい。純正バッテリーはバッテリー単品で3500円ほど。

バッテリー2個+充電器のセットだと価格は1万円を超える。

対して、Vemico製のバッテリーはレビュー時点で5000円程度(バッテリー3個+充電器)で、半額どころではない
付属の充電器も3個同時充電できる(GoPro純正充電器は2個まで)ため、
GoPro Hero9を複数使って長回しするなど、バッテリーの個数が重要になる状況にも低コストで対応することが可能。