TIPS

シクロクロス・MTBでドロドロになったシューズの洗い方

舗装路を走るロードバイクとは異なり、シクロクロスやMTBなど、オフロードレースには泥がつきもの。バイクやウエアはもちろん、シューズもドロドロになる。

バイクがピカピカでも臭くて汚いシューズでは決まらない。毎週シクロクロスに参戦している僕にとって毎週のルーチンワークとなっているシューズの洗い方を紹介する。

スポンサーリンク

泥落とし

まず、左右の靴のソール同士を叩きつけて、ソールの隙間やクリートの間に詰まった泥の塊をなるべく落としてやる。
湿った泥はボロっと落ちるが、泥が完全に乾くと落ちにくくなるので、できれば走行後早いうちに。
レース会場など、土を撒き散らしても怒られない場所でやっておくと、自宅に持ち帰る泥が若干少なくなる。

洗う

まず注意点。本皮を使ったシューズは水洗いすると痛むので、そういうデリケートなシューズにはこの方法は不向き。

いよいよ水で洗っていくが、自宅に大量に水を流せる環境がない場合はちょっと辛い。

まず、シューズ表面にこびりついたり、隙間に詰まった泥を流す。

理想を言えば高圧洗浄機だが、散水ホースのシャワーモードでも良い。

シューズの内部も、インソールを抜いてしっかり流そう。

流したままでは表面に泥の跡が残ってしまうので、ブラシで洗っていく。このとき洗剤を使うと、きれいに洗える上に臭くなりにくい
洗剤は中性洗剤だったり、特にこだわりはない。洗車ブラシに適当な洗剤をつけて洗っている。
今回は自転車やモトクロス用の洗車用洗剤で、泥を浮かせる作用があるMuc-Offを使用した。

ベルクロやラチェットバックル、BOAダイヤルも、ワイヤーを全て引き出して綺麗に洗う。また、クリートに詰まった小石や草も取れるだけ取っておく。

シューズ全体を洗い終えたら、洗剤が残らないよう、大量の水で綺麗にすすぐ。

水切り

自転車のシューズは水を含みにくい素材を使っているが、かかと周りのクッションはどうしても水を含む。

このままだといつまでたっても乾かないので、クッション部分を押して軽く絞り、その後、写真のように、履き口が下になるように置いて水を切る。

乾燥

自然乾燥ではなかなか乾かず、生乾きで臭くなるので、くつ乾燥機を使って乾かしている。

ツインバードの旧モデル

くつ乾燥機は、靴の内部に温風を吹き付けて短時間で乾かせる。自転車用のシューズであれば3時間程度でほぼ完全に乾く。
高温になるとソールの接着剤が剥がれるおそれがあるので、低温で乾燥できるものを選ぶと良い(革靴モードなどと書いてある)。

くつ乾燥機は、普段履いている靴を洗った時だとか、雨の日に濡れた時だとかにも使えるので、1台持っておいて損はない。

仕上げ

乾燥が終わったら、靴に破れやソール剥がれがないかチェックしておく。

BOAダイヤルを使っている場合、泥レースを何度も走ると動きが渋くなってくるので、ワイヤーを引っ掛ける部分にシリコンスプレーを少量吹いておくとよい。

BOAダイヤルが渋くなってきたら、ワイヤーが擦れる場所に少量のシリコンスプレーを吹くとよい

シューズの洗い方 動画

すくみずログ Youtubeチャンネルで動画を公開中。

まとめ

バイクの洗車にも言えることだが、用具を綺麗にしておくことは不調を早く見つけることにつながる。

それに、バイクやジャージと同じように、ドロドロ、ジャリジャリ、おまけに臭いシューズだと格好がつかない。
自転車に跨るときは、常にきれいなシューズを履くようにしたい。ドロドロになってもまた洗えば良い。

タイトルとURLをコピーしました