スポンサーリンク
レースレポート

2019年 ブロンプトン世界選手権(BWC LONDON FINAL)参戦記 その4

毎年夏にロンドンで開催されているブロンプトンの世界選手権、BROMPTON WORLD CHAMPIONSHIP LONDON FINAL。
初出場した2018年大会では3位に入賞し、2019年は優勝を狙ったものの、位置取りのミスが致命傷になって結果は7位。連載最後となる第4回はレース後の観光や、ロードレース観戦について。

BWC2019参戦記 その1

BWC2019参戦記 その2

BWC2019参戦記 その3

スポンサーリンク

2019/8/4 ロンドン6日目 科学博物館とSurrey-Classic

この日は前日の疲れもあって遅めの起床。
さらに、洗濯したり、ブロンプトンを街乗り仕様に戻したり、ヒースロー空港のストライキ予定の動向を調べたりしているうちにお昼になってしまう。

特に予定はないので、ぶらぶらする。まずは近くにあるキングス・クロス駅の9-3/4ホームを見物。

写真撮影で行列ができていた。僕は撮ってない。

続いて、ロンドン科学博物館へ。自動車・航空機、宇宙開発、コンピュータやバイオまで、幅広い分野の展示物がある。

すごく広い

館内に入ると、蒸気機関の展示から始まる。さすが産業革命の国。

昔の加工工場の模型
スピットファイア戦闘機に搭載されたマーリンエンジン どの博物館でも必ず展示されている
戦闘機から便座まで 展示物は多岐にわたる

思いのほか長時間見入ってしまった。

この日、ロンドン周辺ではPrudential RideLondon-Surrey Classic ロードレースが行われているので、ゴール予想時間にあわせて夕方6時頃にザ・マルへ。
近くにいた観客のおじさんにストリーミングのライブ映像を見せてもらっていると、ヘリコプターの音が近づいてくる。程なくしてゴールシーン。新城選手も先頭集団でフィニッシュしていた。
ゴール直後、声をかけたらボトルを投げてくれた。中身はマルトデキストリンだった。

ボトル貰った

夕飯は渡英初日に満席で入れなかったイギリス料理店へ。イギリスらしからぬおいしさのフィッシュアンドチップスを食べて大満足。

旨いイギリス料理が実在するとは

明日はいよいよ帰国日。懸念していた空港のストライキもなんとか回避できたようなので、残り僅かのロンドン滞在を楽しみたい。

2019/8/5 ロンドン7日目 帰国日

朝からあいにくの雨。ブロンプトンは宿でパッキングし、バスで移動。

コヴェント・ガーデンのBrompton Junction Londonに寄って、ツーリング用のフロントバッグを購入。荷物を置かせてもらって、近くの店でお土産探し。

ブロンプトンジャンクション店内 内装にはブロンプトンの部品の一部が使われている

帰りも12時間のフライト。ブリティッシュエアの機内食は大変イギリスらしい味わいだった。

よくわからない味がする何か マフィンは旨かった

膨れ上がった大量の荷物を抱え、1週間ぶりに自宅に帰宅。

帰りは荷物が増えた

BWC LONDON FINAL 2019を終えて

初出場で3位となった2018年に続いて、2年連続の出場。2年目ということもあるし、現地での勝手もわかっているので優勝は十分狙えると思っていたが、位置取りがうまくいかず着に絡めなかった。
余裕のある日程で入国して身体を慣らしたおかげで、体調については日本より良いくらいで、パフォーマンスは悪くなかった。
やっぱり、ロード系のレース経験が少ないことが敗因のひとつだろうか。このまま終わるのは悔しいので、必ずやリベンジを果たしたい。

ロンドンでの生活については概ね満足。自転車で走りやすいし、事故や事件、トラブルに巻き込まれそうになることもなかった。強いて不満を挙げるなら、外食が高いことと、風呂やトイレといった水回りが貧弱なことか。

滞在中、楽しみにしていたことのひとつが博物館巡り。自動車関係と軍事系は特に、日本で見られないものがたくさん展示されている。また行くことがあれば、他の都市にも足を伸ばしたい。

タイトルとURLをコピーしました