BLOG

グラベル探索ライド 和泉葛城山の麓 林道 シガ谷線へ

高倉林道に行ったばかりだが、地図を眺めていると近所に林道を発見。次の週末まで待てないので、夕方からグラベル探索に出かけてきた。

スポンサーリンク

ライド概要

林道 シガ谷線

林道 シガ谷線は、和泉葛城山の麓、林道牛滝線の途中から分岐して岸和田国際射撃場付近に至る谷沿いの林道。
全長は2.5kmほど。走ってわかったが、北側(射撃場側)の500mほどが未舗装、すなわちグラベル区間となっていた。

葛城山周辺は林道天国で、山頂に至る林道牛滝線や本谷線、シガ谷線から分岐する塔原線など、いくつもの林道が互いに繋がっている。

走行ルート

バイク

バイクはCANYON GRAIL CF SL。タイヤはセンタースリックパターンのPanaracer Gravelking SS 38Cを履く。
舗装路をかっ飛ばして目当ての林道にアプローチし、グラベルを走って帰ってこれる仕様。

「牛滝温泉四季まつり」をスタート

府道40号線を牛滝川沿いに登っていき、キャンプ・温泉施設の「牛滝温泉四季まつり」を目指す。
以前は岸和田市が運営しており「いよやかの郷」という名前だったが、平成31年に閉館して民間の事業者に変わったようだ。

牛滝温泉の入り口から、道路を挟んでちょうど反対側がスタート地点。
ここは南大阪のヒルクライムスポット和泉葛城山の7ルートのひとつ、牛滝コースのスタート地点でもある

葛城山山頂に至る「林道牛滝線」は途中崩落して通行止めとなっているが、徒歩や自転車は入れるようになっているので進入。

林道牛滝線を登る

林道に入ってすぐ、なかなかパンチのある激坂が出現する。
牛滝コースは過去に何度も登っているからそれは良いんだけど、虫が大量に群がってきて非常に鬱陶しい。

後で調べたところ「メマトイ」というハエの仲間らしく、吸血などはしないものの、涙を舐めてタンパク質を摂取するという大変気色の悪い習性がある。
メガネを掛けているから目に飛び込んではこないが、顔の周りを何匹も何十匹も飛び回っていて目障りだし、耳元でブンブン羽音が鳴り続けていてうるさい。
だいぶしつこく、手で払っても払っても戻ってくる。

黒光りするものに誘引されるらしく、アルテグラのSTIレバーにも群がっていた

分岐からシガ谷線へ

メマトイを振り払いながら0.5kmほど走ると分岐が現れる。
道なりに進むと林道牛滝線が葛城山の山頂まで続いている(通行止めだけど)。今回はここを右に入り林道シガ谷線へ。

道なりに進むと林道牛滝線 右に曲がるとシガ谷線へ

自動車が侵入できないよう車止めがあり、近くには工事中の看板が立っていたが、内容は牛滝線の復旧工事についてだった。

ここからは下り区間。スピードを上げてメマトイを振り切る。

「シガ谷線」は名前の通り谷沿いの林道。川も流れているので水はけもあまり良くないようだ。道路は舗装されているが、落ち葉や苔で滑りやすいので注意。

林道塔原線との分岐

気持ちよく下っていると分岐が現れる。

左手に曲がると林道塔原線

ここの分岐を左に曲がると林道塔原線(とのはらせん)に入り、葛城山 塔原コース(林道本谷線)のスタート付近に出る。
確か、数年前に一度走ったことがあったはず…

林道塔原線 錆びた看板の雰囲気が良い

隣の看板には「気をつけて走れ」との注意喚起が記されていた。

3秒以上立ち止まると例のメマトイが大量に集まってくるので、写真もそこそこに先を急ぐ。

グラベル区間出現

下っていると、突然舗装が切れてグラベルが出現した。全線舗装されていると思っていたのでこれは嬉しい。

虫が集るのも気にせず、ちょうどいい感じの長さの枝でバイクを立てて記念撮影。まっすぐ伸びる轍が良い。

ここからはダブルトラックが続く。路面は絶妙な緩さで、ロードタイヤだとうまく走れないけど、38cのグラベルタイヤだと気持ちいい

路面は水気を含んでいるものの泥が跳ねない程度。草が生えていない車の轍をトレースして快走。

林道終点から岸和田国際射撃場へ

車止めが見えたら林道シガ谷線の終点。グラベル区間は500mほどだが楽しめた。

出口側から振り返ると下の写真のような感じ。
こちらからだと上り基調となるが、ここを登っていき、途中から塔原線に入るのも面白いルートかもしれない。

出口側から林道を振り返る

林道出口から道なりに進むと2車線の舗装路に出る。

奥の道から出てくる

少し登ると、道沿いに岸和田国際射撃場がある。

練習コースに組み込めるグラベル

地図で見つけた全長2.5kmの林道だったが、短いながらグラベル区間もあり、いい雰囲気だった。

グラベルバイクに乗りはじめて、路面を選ばず走れる魅力を感じている。初見の林道に突っ込んでみてグラベルを走れたらラッキーだし、全部舗装路でもまぁいっかーと思える。
これがロードバイクだったらグラベル区間はかなり抑えて走る必要があったし、MTBだったら、あるかどうかわからないグラベルのために、ブロックタイヤをブリブリ言わせて山を登る気にはなれなかった。

林道シガ谷線は普段の練習コースに隣接しているので、これからはロード練のついでにグラベルも味わうことができる。
ただ、次は虫の少ない時期に行きたい。

タイトルとURLをコピーしました