攻略情報ZWIFT

ZwiftHub ZWIFTのコース情報を一覧できるWebアプリ

Zwiftには、8つのワールドと80のコースが用意されている(2021年2月現在 オンライン専用コースを除く)。
ルートのバリエーションが豊富なのは良いが、Zwiftのコース選択画面では距離と獲得標高、マップ上のルートくらいしか確認できず、一覧性も悪い。

ZwiftHubは、Zwiftのコース情報をまとめたWebアプリで、コースの距離や獲得標高に加えて、詳細なコースプロフィール、ジャージを獲得できる計測ポイントなどを、シンプルな画面で一覧できる。
バーチャルサイクリングを楽しむのはもちろん、レースの勝負どころを調べて対策したり、ゲーム攻略にも欠かせない。

スポンサーリンク

Zwiftのコース情報を一覧

ZwiftHubは、Zwiftでサイクリングできる全コースを収録しており、コースの距離や獲得標高に加えて、詳細なプロフィール、KOM,スプリント,周回ジャージを獲得できるポイントを一覧できる。
フィルタ機能や検索機能も充実していて、「距離が○○km以上で獲得標高が○○m以下のコース」といった探し方も簡単にできる。

メイン画面

画面構成はシンプルで、スマートフォンからでも見やすいデザイン。
ページをブックマークしたり、ホームにショートカットを作っておけば、ローラー中でも使いやすい。

スマートフォンで表示したホーム画面

フィルタ・検索

メイン画面に並ぶ「Filter」アイコンをタップすると、フィルタ設定ができる。

フィルター画面

見ての通り、サイクリング・ランの切り替えにも対応している。

フィルタは以下の通り。

  • Worlds: ワールド
  • Distance: 距離
  • Elevation: 獲得標高
  • KOMs: KOMポイント
  • Sprints: スプリントポイント
  • Lap Jerseys: 周回ポイント
  • Achievements: コース完走実績フラグ(※後述)

距離や獲得標高はスライダーで範囲を設定する。複数フィルタを併用し、
「距離が○○km以上で獲得標高が○○m以下のコース」といった絞り込みも可能。

また、一覧画面の表示はSort byを選択することで、

  • コース名
  • 距離
  • 獲得標高
  • 平均勾配

それぞれ昇順と降順で並べ替えられる。

コースプロフィールの表示

メイン画面に並んだコースの各コースの見方は次の通り。

コースプロフィールをタップすると画像が大きく表示される。

その下に並んだアイコンは左から

  • 完走フラグ(※)と獲得できる経験値
  • Stravaセグメントへのリンク
  • KOMポイントの数
  • スプリントポイントの数
  • 周回ポイントの数
  • マップ展開・格納

を示している

※コースアチーブメントフラグを使うにはログインが必要

マップ下のZwift Insiderリンクで、zwiftinsider.comの各コースの詳細解説コンテンツ(英語)に飛べる。

アチーブメントの管理

タイトルとURLをコピーしました