スポンサーリンク
BLOG

来季シクロクロスレース参戦についてのご報告

来季シクロクロスシーズンまであと5ヶ月ほどというタイミングですが、来シーズンの参戦体制についてご報告します。

昨年度所属していたチーム「ネクストステージ」を離れることになりました
来季もシクロクロスに参戦するつもりですが、チーム体制に関しては未定です。

スポンサーリンク

今までのサポート内容について

私は趣味として毎年シクロクロスに参戦していますが、2019-20シーズン、続く2020-21シーズンでは、和歌山のプロショップ「ネクストステージ」様からサポートしてもらい、レース活動に取り組んでいました。

シクロクロスは個人競技に見えてチーム体制が非常に重要で、上位を争うのであればレース中のピットサポートは必須なうえ、
コンディションによっては試走1周で泥だらけになってしまうバイクの洗車や整備、気温が低いときや雨の日は特に、選手ひとりの手に負えなくなってきます。
そのため、万全の体制でレースに臨むための環境とバイクを整えてくれる体制というのは、非常に心強いです。

主なサポート内容については、以下の記事で詳しく紹介しています。

トレーニングやレースへのアドバイス

ネクストステージ代表の島本店長は元選手で、C1やM1で走り、全日本CXの年代別マスターズで入賞したこともあります。

コーチングをお願いしていたわけではないですが、オフシーズンの間も、トレーニングに対して第三者の視点からアドバイスを頂けました。
一人でトレーニングをするとついついサボったり、逆にオーバートレーニングに陥りがちですが、意見を聞いて(あんまり聞いてなかったけど)、練習内容を客観的に俯瞰することができたと思います。

そういったアドバイスもあり、コロナ禍の2020年は、ローラー台でのインドアトレーニングをメインにフィジカルを効率よく鍛えました。
その効果は2020-21シーズンの戦績に表れているとおもいます。

シーズンインしてからも、選手視点で、レース内容について(厳し目の)指摘を頂きました。
勉強は予習と復習が大事ですが、レースでも同様に予習(トレーニング)復習(レースの振り返り)を行い、何が良くて悪かったのか、考える機会が得られました。

チーム離脱と今後について

冒頭でお伝えした通り、「ネクストステージ」チームを離脱しました。
同時に、ネクストステージ様のサポートも終了しました。

また、2020-21シーズンよりサポートライダーに加わった湯浅選手もチームを去ります。

来季について、シクロクロスへの参戦は行いますが、チーム体制については未定です。
充実したワークス体制はなくなってしまいますが、プレッシャーというか緊張感からも解放されたので、
原点に立ち返って、プライベーターとして走ってもいいかなーなんて思っています。

ネクストステージ様 サポートライダー募集について

サポートライダーの席が空いたため、ネクストステージ様では現在サポートライダー募集を行っています。

私は既にチームを離れているため、サポートライダー募集内容についてお答えすることはできません。
サポート内容や費用、面接などについては、Facebookページをご覧のうえ直接お問い合わせください。

さいごに

学生時代に始めたシクロクロスには、長い間プライベーターとして参戦してきました。
もちろん真剣に競技に向き合っていたつもりですが、ただがむしゃらに走っていたという感じです。

しかし、ネクストステージ様のサポートを受けた2シーズンのあいだは、勝つためにはどうすればいいか、かつてないほど真剣に考える機会が得られました。
ワークスチーム並の体制で、レースのみに集中できる環境も相まって、今までの限界を押し上げることが出来たと思います。
選手としての今までのキャリアのなかで、間違いなく特別な2年間でした

改めて、ネクストステージ 島本店長、また、チームをサポートして頂いた株式会社クレストヨンド様株式会社チャンピオンシステム様に感謝申し上げます。たいへんお世話になりました。

タイトルとURLをコピーしました