Zwift Academy 2018

スポンサーリンク
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 2.CAPACITY INTO SWEET SPOT(60min 75TSS)

プロトンから飛び出して、逃げを打つシミュレーションを行うメニュー。無酸素域で集団を振り切り、テンポ~SSTの強度で巡航する。オールアウトするような強烈な負荷はかからないが、ペダリング、呼吸、心拍のコン...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 1.OVER ONES(70min 93TSS) ~FTP、VO2MAX、無酸素を組み合わせたメニュー~

Zwift Academy 2018シリーズより、Over Onesに挑戦。L4(乳酸閾値)、L5(VO2MAX)、L6(無酸素運動能力)を組み合わせた70分間のワークアウトで、どのパワーゾーンが苦手...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 3. CAPACITY WITH TEMPO(61min 69TSS)

無酸素域インターバルを挟み、前後に5分のSSTを走るメニュー。脚を使った後は主観的な運動強度と心拍数が増加するが、この度合いは疲労への耐性の高さを反映している。 Zwift Academy 2018 ...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 10.CAPACITY RELOADED (70min 90TSS)

変則的な5分-3分インターバルトレーニング。インターバルの5分はL5+L3で構成されるが、L5とL3の割合はセットごとに変化する。 10.Capacity Reloaded メインセット 7セット×(...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 8.LACTATE SHUTTLING (56min 66TSS)

速筋で生成した乳酸を遅筋へ受け渡し、乳酸処理能力を高めるワークアウト。ZWIFT ACADEMY 2018シリーズのひとつだが、基本的には1時間以下ワークアウトにあるLactate Shuttle S...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 1. 30/15’s WITH THRESHOLD (60min 84TSS) ~高い心拍数をキープするメニュー~

今回のワークアウトは、だいぶ深い階層にある、Zwift Academy 2018 > Semi-Finals > 1. 30/15's with Threshold L6 30秒→L2 15秒をひたす...
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました