Pedaling

スポンサーリンク
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト CADENCE BURSTS(63min 63TSS)〜有酸素域で高ケイデンスを維持するペダリングトレーニング〜

2分間のテンポ走と30秒間のFTP走を繰り返す有酸素メニュー。ただし、ケイデンス指定はそれぞれ90rpmと110rpm。単なる有酸素メニューではなく、長時間にわたって高いケイデンスを維持して、ロス無く...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト MARIANA PAJON – FORCE DEVELOPMENT(33min 30TSS) ~低ケイデンスで「回すペダリング」のスキルを習得~

開催が1年延期された2020東京オリンピックがついに開幕した。というわけで、オリンピック選手のワークアウトをテーマにしたAthlete-Inspiredシリーズより、BMXの女王 マリアナ・パホンのペ...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト DAY 4 – CADENCE DRILLS (65min 86TSS)

Hunter's Challengeシリーズのワークアウト。前半20分は1分ー1分のインターバル、後半20分はSSTだが、20秒 110rpm-1分40秒 90rpmというケイデンス指定。全体的に休み...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト FAST PEDALING (60min 43TSS)

ハードなメニューをこなした翌日は緩いワークアウトで流す。Fast PedalingはGCNメニューとは思えないほどの低強度。パワーではなく、ハイケイデンスでペダルを回すスキルを養うことを目的としている...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 7.STEADY CLIMBING (58min 60TSS)

ハードなワークアウトは控えたいが、軽く心拍数を上げて一汗かいておきたい。そんなレース翌日にSteady Climbing。 シッティングでヒルクライムを登るような、比較的低ケイデンスのL3→L4インタ...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト DAY 1 – CADENCE CRUSHER (39min 46TSS)

Hunter's ChallengeからCadence Crusherをピックアップ。強度は低いので完遂はたやすいワークアウトだが、主目的は通常より高いケイデンスを保ち、ハイケイデンスに適応すること。...
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました