Week 5

スポンサーリンク
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト GOIN’ FOR GRAVEL(58min 55TSS)~高回転でも高トルクでも 細かい起伏への対応力を養うメニュー~

ガーミン・アンバウンドグラベルは全体的に平坦だが、実際は小さな起伏が何十とあり、一定パワーで走り続けることは難しい。このメニューではテンポ走を基準に、上り区間のLT走、下り区間のレストを繰り返し織り交...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 3.HARD STARTS #1(59min 73TSS) 〜無酸素ダッシュ後にFTP走を行う、実戦的なロングインターバル〜

MTBのクロスカントリーレースでしばしばある、ハードな無酸素ダッシュから間髪入れずLT走に移行するシチュエーションを再現したワークアウト。心肺能力と筋肉に大きな負荷が掛かった直後に高強度の有酸素運動を...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 6.TEMPO-SURGES #1(59min 55TSS) ~ダッシュの疲労を踏みながら回復する 軽めのメニュー~

短いダッシュと、徐々にパワーが増すテンポ走を組み合わせたメニュー。ダッシュ後に立て直し、筋疲労を回復しながらのペダリングすることを通じて、高負荷下での回復力とパワーマネージメントを身につけるのが狙い。...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 4.SPIN UP #2(59min 63TSS) ~ハイケイデンスでパワーを絞り出すVO2インターバル~

テンポ走の状態から、100~110rpmという高いケイデンスでVO2MAX走を行うスピードトレーニング。「適正」と感じるよりも速い回転数でペダルを回すことで、ケイデンスでパワーを絞り出す感覚、そしてス...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 4. NEW YORK GRAND CENTRAL CIRCUIT(54min 75TSS) ~上り区間の激しいペースアップを耐えぬくレースシミュレーション~

ニューヨークマップのGrand Central Circuitを3周するレースシミュレーションワークアウト。空中回廊の厳しい上りは勝負所で、集団をふるい落とすため、ごく短いレストでVO2MAX~無酸素...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト DAY 2 – 15min VARIED TEMPO #3(60min 73TSS) ~スプリントから即座にテンポ走へ移行する有酸素トレーニングメニュー~

ケイデンスとパワーを変えながらテンポ走を行うメニュー。ただし、5分ごとに15秒間のスプリントが挟まれる。スプリント直後は、脚を休めず即座にペダルを踏む必要があり、通常のテンポ走に比べて退屈しないワーク...
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました