ZWIFTワークアウト 3. HIGH TORQUE HILLS(60min 63TSS) ~脚の筋肉疲労に耐える、高トルク低ケイデンスのクライミングドリル~

  • URLをコピーしました!

低ケイデンスで登るオフロードのクライミングを想定したメニュー。ラスト1分は勾配がきつくなり、さらに低ケイデンスでの踏み込みが要求される。
このようなヒルクライムを繰り返すことで心拍よりもむしろ脚の筋肉に負担をかけ、高トルクでのペダリングに対応する能力を養う。

目次

Singletrack Slayer > Week 2 > 3. High Torque Hills

https://whatsonzwift.com/workouts/singletrack-slayer/week-2-3-high-torque-hills

メニュー

  • アップ
    • 50% 3分
    • 60% 1分
    • 65% 1分
    • 81% 1分
    • 109% 1分
    • 50% 2分
    • 90% 4分
    • 50% 3分
  • メインセット
    • 4セット×
      • 80% 4分 (70rpm)110% 1分 (60rpm)
      • 55% 2分
    • 90% 4分
    • 55% 2分
    • 80% 4分110% 1分
  • クールダウン
    • 50% 5分

ワークアウトについて

オフロード向けメニューが揃うSingletrack Slayerのワークアウト。
その中でも本メニューは、数分間のヒルクライムをターゲットとしている。

路面状況が良く、リラックスしたフォームと好きなケイデンスでペダリングできるロードライドのヒルクライムと異なり、
オフロードでは凸凹がありグリップも不安定な路面にトラクションを掛けるため、低めのケイデンスでペダルを回す
また、急坂ではギヤを使い切ってしまい、高トルク低ケイデンスのペダリングを強制されることも珍しくない。

オフロード系ワークアウトでは同様の低ケイデンスクライミングメニューを見つけることができる。

あわせて読みたい
ZWIFTワークアウト PULVERIZE THE PRAIRIE(57min 65TSS) ~急勾配のクライミングを想定 低ケイデンスで... 急勾配の登坂を想定したワークアウト。短いダッシュで乳酸を溜めた後、低めのケイデンス指定でLT走を行う。脚に疲労が貯まるのに反して、指定パワーは徐々に上がってい...
あわせて読みたい
ZWIFTワークアウト ELLA HARRIS – CLIMBING POWER(52min 68TSS)~低ケイデンスで急勾配を登るヒ... ヒルクライムを想定したLT(乳酸閾値)メニュー。急勾配を想定した低ケイデンス高トルクセッションで脚を痛めつけ、蓄積されたダメージをペダリングしながら回復するこ...
あわせて読みたい
ZWIFTワークアウト 2. EXPLOSIVE CLIMB #1(59min 66TSS) ~低ケイデンス高トルクのクライミングドリル~ 低いケイデンスで登るヒルクライムを想定したメニュー。乳酸が溜まり、徐々に重くなる脚に耐えながら高トルクのペダリングを行う。 【L’Etape Du Tour Training Club &g...

本メニューが想定しているヒルクライムは、一定の勾配で4分間登った後、最後に1分間の急坂区間があるような上り。

メインセットは

80% 4分 (70rpm)110% 1分 (60rpm)レスト 55% 2分

急坂区間はさらにケイデンスが落ち、60rpmとなる。この状態でVO2MAXゾーンの踏み込みを行えば、自ずと脚に筋肉疲労が蓄積される。
1本ではどうということはないかもしれないが、上記セットを繰り返すことで、どんどん脚が重くなっていく。

低ケイデンス高トルク走ではサドルにしっかり腰を固定し、関節のブレなくペダルを踏み込むのがポイントだ。ここが不安定だと力が逃げるし、関節を痛める原因にもなる。

ワークアウト実走

負荷をがっつり上げ、115%で挑戦。

ウォーミングアップはL1からL5まで、段階的にパワーを上げていく。
4分間のSST(負荷アップしたことでLT走になったけど)で少し追い込んだら、3分のレスト後メインセットに移る。

負荷を15%上げたことでメインセットのパワーゾーンはひとつ上がる。

L4 92% 4分 (70rpm)L6 127% 1分 (60rpm)レスト 63% 2分

4分間のSSTと1分の無酸素エフォートというセットだ。

低ケイデンス指定なので、1分走の部分は特に脚の筋肉に大きな負荷がかかる。
しっかり腰を固定し、力強くペダルを踏み込む必要がある。

4本目が終わると、104% 4分のLT走。ここからはケイデンス指定がないので気がラクだ。

最後にもう一度、

L4 92% 4分L6 127% 1分(ケイデンス指定なし)

をこなしてトレーニング終了。

キツそうに見えるが、1分走の部分だけ耐えきれば、身体をコントロール下に置いてフォームを崩さないまま完遂できた。

関連情報

SARISサポートライダー活動について

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: P1120042-150x150.jpg

2020年12月よりSARIS JAPANサポートライダーとなり、
インドアトレーニングやバーチャルライドを盛り上げる活動を行っています。

トレーニングにはSaris H3を使用しています。

ZWIFTとパワートレーニング

ZWIFTとパワートレーニングに関するコンテンツは、
以下のリンク先にまとめています

ZWIFTとパワートレーニング

  • URLをコピーしました!
目次