Zwift Academy 2021

スポンサーリンク
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 6. FTP BOOST(55min 66TSS)

全6本のワークアウトから構成されるZwift Academy 2021の締めくくり。激しい無酸素ダッシュとFTPインターバルから構成されるメニューで、FTPを向上させ、より長時間発揮できるパフォーマン...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 5. UPPER THRESHOLD BLOCKS(60min 75TSS)

FTP付近の負荷で合計30分のエフォートを行うFTPインターバル。5分間のセッションは長く、肉体的にも精神的にも消耗するが、このメニューを通じて疲労への耐性をつけ、有酸素運動能力を向上させることで、よ...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 4. THRESHOLD UNDER/OVERS(49min 60TSS)

全6本のZwift Academy 2021ワークアウトも後半。第4回のメニューは、FTPのUnder/Overインターバル。上り区間では、ケイデンスを変化させることで、FTP付近のパワーを持続させな...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 3. LACTATE TOLERANCE(48min 62TSS)

FTPに近い強度で走り続けながら、短時間のペースアップが必要なシチュエーションはレースでよくある。「乳酸耐性」という名の本ワークアウトはそういう状況を再現しており、乳酸耐性を高め、無酸素運動域で踏ん張...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 2. PEAK VO2 INTERVALS(52min 70TSS)

VO2…といいつつ、L6→L4インターバルを6本繰り返すワークアウト。レース終盤のアタックや、短い上り坂で一気にペースアップするような展開を想定している。無酸素域でのプッシュは1分半あるが、その後のL...
ワークアウト解説

ZWIFTワークアウト 1. VO2 OVER/UNDERS(49min 60TSS)

トレーニングプログラム Zwift Academy 2021の第1ワークアウト。FTPを境に上下させる6分間のオーバー・アンダーインターバルを3セット行い、VO2MAX域の滞留時間を稼ぎつつ、LT域で...
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました