ZWIFTワークアウト SST(SHORT)

ZWIFTワークアウトで最も人気ではないかと思うほど、誰もがやっているSST(Short)

SST(Short)

https://whatsonzwift.com/workouts/less-than-an-hour-to-burn/sst-short/

メインセット

  • 4セット×
    • 96% 5分
    • 88% 5分

ワークアウトについて

ZwiftのSSTワークアウトは、スイートスポットの中心(90%)に対して、5分ごとにハイ・ローを繰り返すメニュー。

L4 5分 → L3 5分

基本のSSTは、ワークアウト時間別に3種類が用意されている。

メニュー時間強度セット数
SST(Short)50分96%88%4セット
SST(Med)1時間25分95%86%3セット+3セット
SST(Long)2時間10分95%86%3セット+3セット+4セット

なお、SST=スイートスポットトレーニングの解説は、SST(Med)のページを参照されたし。

SST(Short)は他の2つに比べて違う点は2つ。

  • アップ時間が短い。アップ5分はちょっと足りない気もする。
  • 強度がやや高い。Med,Longは95%-86%だが、Shortは96%-88%

強度が高いといっても1~2%の違いだけど、4セット連続でやるので、ワークアウト終盤は正直余裕がなくなってくる。

ワーッと踏む場所もないし、耐えられる程度の苦痛に淡々と耐え続ける、そんなトレーニング。

参考書籍