ZWIFTワークアウト GERAINT THOMAS: GC RIDER(60min 70TSS)~幅広いゾーンに負荷を掛けるベーシックメニュー~

  • URLをコピーしました!

ゲラント・トーマスのお気に入りらしいワークアウト。低強度から無酸素域まで、幅広いゾーンで負荷を掛ける内容で、特定のゾーンのトレーニングと言うより、調子を整える意味合いが強いワークアウト。

目次

60-90 minutes to burn > Geraint Thomas: GC Rider

https://whatsonzwift.com/workouts/60-90-minutes-to-burn/geraint-thomas-gc-rider

メニュー

  • アップ
    • 60→70% 10分
  • メインセット
    • 75% 2分86% 5分
    • 75% 2分100% 4分
    • 75% 2分105% 3分
    • 75% 2分125% 1分
    • 65% 10分
    • 3セット×(110% 1分60% 30秒
    • 76% 5分
    • 3セット×(110% 1分60% 30秒
  • クールダウン
    • 75→65% 5分

ワークアウトについて

パワートレーニングは、特定のパワーゾーンに長時間滞留することで、その強度におけるパフォーマンスを高めるというのが基本的な考え方だ。
ベースの有酸素運動能力を高めたいならSSTFTPインターバルを行うし、それ以上の強度、VO2MAX~無酸素域ではインターバルで細切れに滞留時間を稼ぐ。

しかし、今回取り上げるメニューは特定のターゲットに絞っているのではなく、幅広いゾーンにわたって負荷をかけ、身体の調子を整えることを目的にしている。
トレーニングと言うよりは、レースやイベントの前日に、少し足を回しておきたい時などに行うと良い。

メインセットは大きく2つのブロックで構成される。
前半は段階的にパワーを高める。少し高めの強度、L2 75% 2分のレストを挟みつつ、L3L4L5L6と負荷を高めていく。

  • 75% 2分86% 5分
  • 75% 2分100% 4分
  • 75% 2分105% 3分
  • 75% 2分125% 1分

10分のレストで小休止し、後半はVO2MAXインターバルだ。フィジカルの限界を叩くような内容ではないが、それなりの負荷で身体に刺激を加える。

3セット×(110% 1分60% 30秒

テンポ走、76% 5分のレストを挟んでこれを2回繰り返し、クールダウンしてメニュー終了となる。

類似メニュー

幅広いパワーゾーンをバランスよく組み合わせた、追い込みすぎないメニューをいくつかピックアップする。

まずはWeekend Tune Up。徐々に負荷を増し、心拍数を高めるワークアウトだ。段階的にパワーを上げ、調子を整える。

あわせて読みたい
ZWIFTワークアウト WEEKEND TUNE UP(28min 30TSS) ~レース前の調整に。30分未満の短時間メニュー~ 徐々に負荷を増し、心拍数を高めるワークアウト。適度な強度で、レースやイベント前に体を暖め、目覚めさせる。 【Le Col – Training with Legends > Fabian Cancell...

他には、同様に徐々に負荷を上げ、身体を戦闘モードに切り替えるためのその名もUltimate Warm Up

あわせて読みたい
ZWIFTワークアウト ULTIMATE WARM UP(16min 17TSS) ~徐々に心拍を上げるベーシックなウォーミングア... ウォーミングアップを目的としたメニュー。体が冷えた状態でいきなり高強度の運動をすると心肺に負担がかかるし、故障の原因にもなる。ブラッドリー・ウィギンスが考案...

所要時間30分でL3~L5までバランスよく負荷をかけ、最後に高強度で締めるメニュー、Lavender Unicornがある。

あわせて読みたい
ZWIFTワークアウト LAVENDER UNICORN (30min 39TSS) ラベンダーうにコーン。比較的イージーなワークアウトだが、Ramp Test直後にやったらめちゃくちゃしんどかった。 【 Lavender Unicorn】 https://whatsonzwift.com/work...

ワークアウト実走

5%アップでチャレンジ。
このメニュー、レストのパワーが高めなので、負荷を上げると見た目よりキツくなる

メインセット前半は、段階的にパワーを高めていく。
L4→L5→L5→L6と、強度が上がるにつれて継続時間も短くなるが、レストがL3=テンポ走になっているので割とキツい
最後は心拍数がレッドゾーンに突入している。

10分のレストで落ち着いたら後半戦へ。こちらは

VO2MAX 1分レスト 30秒

というインターバル。30秒のレストは一瞬で過ぎ去るが、幸い1ブロック3本なので、脚や心拍が限界を迎える前に終わる

…もっとも、ブロック間のレストはテンポ走なので、あまり回復は望めないが。

負荷5%アップでも十分完遂できたが、脚にはそれなりの疲労感が残った。

関連情報

SARISサポートライダー活動について

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: P1120042-150x150.jpg

2020年12月よりSARIS JAPANサポートライダーとなり、
インドアトレーニングやバーチャルライドを盛り上げる活動を行っています。

トレーニングにはSaris H3を使用しています。

ZWIFTとパワートレーニング

ZWIFTとパワートレーニングに関するコンテンツは、
以下のリンク先にまとめています

ZWIFTとパワートレーニング

  • URLをコピーしました!
目次